坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

スポーツ科学

ランニング時のチェックポイント

久しぶりのお客さんでした。今年の3月に来られて、膝を痛めて間が随分と開いてしまいました。 ランニングのスキルを身につけることがメインの難波さん(仮名)です。私が難波さんに指導した内容は次の通りです。私にはランニングスキルに関してチェックポイ…

井上さんの50歳からの筋トレ 〜ピラミッド法〜

月に3回程度ジムに来られている井上康一さんです。今日はピラミッド法というトレーニングを行いました。使用重量をある程度軽いところから重い重量まで上げていく方法です。マックスの60%、70%、80%、90%まで上げていき、ピークになったら今度は75%、70…

2017年の講演と運動指導の活動実績

2017年のパーソナルトレーニング指導以外の仕事です。私はパーソナルトレーナーとしてジムで働くだけでなく、外部で講演・運動実技指導などの社会貢献活動も行っております。その活動実績です。 ・1月18日 尾道あるこうかーでの健康講座とノルディックウォー…

「これは間違った運動法だ」というのが分かるようになるだけでも良い

来週の月曜日に尾道市御調町でロコモ予防の教室があります。今資料作りをしてるんですが、ちょうどその時お客さんから言われました。「日々筋トレやスロージョギングをしているので脚に力が入るようになってきた」と言われました。それからもう一つ嬉しい言…

「ランニングマシンで1㎞一生懸命走って、きついし汗も出たのに。。」って対処法はまずは自分でやるものではないです!

今日もお客さんからの質問がありました。 「ランニングマシンで1㎞ほど一生懸命走って汗出してるんですが、全然体重が落ちなかったです。結構ハードで大変だったんですけどね」と。 うん、ありがちですね。きつさと汗の出がすごいと消費カロリー上がったんじ…

人の心を誘う「こんなトレーニングをしたら良いよ」という最高のトレーニング名言

「あなたの筋力トレーニングは惜しいですね!」とたまに言います。何が惜しいかって、最後まで追い込んでないからなんです。追い込むというのは「もうバーベルを挙上出来ないギリギリのところまで」追い込むということです。こうするとより多くの運動単位が…

最小の労力で最大の効果の発想をトレーニングでも?

最小の労力で、最大の効果を出すというのは多くの人が望むことではないかな?よく聞くのが「やってもやっても減量できない。やってもやっても筋力アップできない。やってもやっても速く走れるようにならない。」などですかね。最少労作で最大効果というのは…

筋肉痛とそれを抑えるためにやってみた経験

たくさんの方からこの質問をされましたが、残念ながら筋肉痛を顕著に抑える有効な手段はありません。「毎回トレーニングして筋肉痛になるし、なんとかならないのかな〜!」と思うのは私だけではないんですね。唯一運動前に筋肉痛になるであろう(あるいはト…

講演は自分の意思を伝える大多数への戦略(ポピュレーションアプローチ)

自分の意思を伝えようとする場合いろんな方法がありますね。直接人と会って話をするとか、電話で話をするとか。そうでなくても、今ならブログを書いたり、SNSで発信したり。どの方法にしても伝えるってことは人に影響を与えるってことです。何らかのね。私は…

結局のところあれをやれという事でした! 

長年スポーツだとか、運動だとか、トレーニングだとかいろんな悩みがあったんです。指導において、私は何屋さんなんだろうかと。結局のところ「体育をやりなさい」ということでした。私の出身学部では何ですか?体育学部。全然気づきませんでした。 体育はそ…

「トレーニング」という言葉のイメージ トレーナーの私はもちろん…

トレーニングというと「筋トレ」と考える人が意外と多いです。トレーニングは日本語でいうと「鍛えること」です。筋力を鍛えることを筋力トレーニングと言います。持久力を鍛えることを持久性トレーニングと言います。身体を柔らかくしようとすることを柔軟…

昔々あるところでよく聞いたトレーニングのルール 温故知新 

トレーニングにはルールがあるんですよ。こんなルールです。 1)いろんな要素を鍛えよう いませんか?腹筋割りたいから、腹筋ばかりやる人。来る日も来る日も。。背部を鍛えなかったら猫背っぽくなりますよ。前後の筋肉で釣り合ってますから。筋肉って。上…

やらないすぎはダメ!やりすぎてもダメ!真ん中がある ~スロージョギングはその真ん中辺から~

必要性がなければ筋肉は太くならない 先日の質問です。「歩いていなかったら脚の筋肉は落ちますか?」といったものです。これは確かにそうだと思います。歩いてなかったら脚は細くなりますよ。運動してない状態が長く続くと脚が太くなる必要性がないですから…

トレーニングジャンキー(中毒者)は誰でもなってしまう。決して単純なマゾって話ではない!

「トレーニングをやったら疲れるだけじゃん」なんて思う人いませんか?「単なるマゾだろう?」なんと思いませんか?それはきっと間違っていますよ。トレーニングをすると誰でも高揚感が高まり気持ちよくなってくる。きついことが気持ちが良いと感じてきて高…

魂込めてバーベルを降ろそう!!その挙げ方じゃないんですよ!

バーベルで再びトレーニングを開始しました。2日から3日置きにトレーニングしてます。筋トレ後2日目は筋肉痛全開ですね。種目はもちろんベンチプレス、スクワット、デッドリフトが中心です。これ本当に堪えますわー!胸、肩、腕、背中、腰、お尻、太もも、太…

考察「坂本さん、筋トレばっかりやってるから身体硬いでしょ?」「はい、このレベルです」

最近お客さんからのコメントがいろいろ気になります。これもブログを書いているからなんでしょうね。つねにアンテナを張っているので、ちょっとしたことがブログのネタになると思ってしまうんです。今日は先日投稿したスクワットの動画で「筋トレしてると身…

考察「坂本先生もあと20年経つと走れなくなりますね?」「はい、きっとジョギングは無理して走るレベルになっていると思います」

先日のある教室でのこと。「坂本先生もあと20年経つと走れなくなりますね?」ということを言われました。つまり65歳になった時には私は走れないという考えです。今日はそれについて考察します。 まず走るということを定義します。普通は時速6.4km以上から人…

あなたに優しい健康法 「スロージョギング」 当日出したこのクイズ分かりますか?

昨日の福山本通りにあるコミュニティハウスumbrellaのまちなか寄席は大変勉強になりました。自分の人生の棚卸ができたというのが最も大きかったですね。昨日たくさんのことをお話させて頂いたのですが、今日は昨日の講話のなかでの「スロージョギングクイズ…

筋トレでは力を抜く必要があるのか?

「力むな!力を抜け!」と言いますね。野球のピッチングを例にすると動作全体の中で力を入れる局面とリラックスする局面がありますね。ワインドアップからフォロースルーまで終始力を入れていたら速い球は投げれないです。投げる瞬間に最大の力が加わればベ…

筋トレしても筋肉はそんなに簡単には太くならない。タップリ時間をかけて太くなります。

「筋トレしたら筋肉が太くなる」というのはメリットです。筋トレしたら先ずは筋力がアップし始めます(神経系が改善され始めます)。そして次に3〜4ヶ月続けたら筋肉が太くなり始めます(筋肥大)。しかもゆっくりと筋肥大し始めます。すぐにゴツゴツとした…

坂本さんの得意なことは何ですか? というインタビューに対して

坂本さんの得意なことはなんですか? 先日インタビューで「坂本さんの得意なことは何ですか?」と言われました。2017年2月4日にコミュニティハウス umbrella で開催される「まちなか寄席」で講話いたします。その事前インタビューで担当の杉原さんからご質問…

トレーニング経験者が復帰すると体力の回復が早い

2人の女性がトレーニングに一年ぶりに復帰しました。このお二人はともに走ることが大好きです。しかし走るからといって筋力が低いかと言うとそんなことないです。デッドリフトという下の写真の右下の種目ではお二人とも50kg10回挙げていました。これってすご…

ヨーロッパスポーツ医学会での発見

ヨーロッパスポーツ医学会で発表してきました。そこでの発見なんですが、発表に当たってスーツを用意してました。通常日本では学会での発表者はスーツでビシッと決めます。でもヨーロッパはかなりザックバランでした。リュックサック背負って発表している人…

福山でスロージョギング・健康づくり・パーソナルジムを大きく展開したい

身体活動科学の今後の展望 福岡大学の研究室内のセミナー。長崎県立大学の飛奈君が講師として話をしました。会場は福岡大学のセミナーハウスでした。内容は「身体活動科学の今後の展望」と言った話でした。20年前の運動生理学の研究は「運動は身体に良いのか…

科学とニセ科学

本日は福岡大学の授業でした。 スポーツ健康科学研究法という必須科目です。先生は布目先生の「科学、ニセ科学、疑似科学」でした。一昨年、左巻先生が福山に来られた時にニセ科学のことを話されたのでとても興味がありました。 科学の条件は2つあって、1…

ジョギングとウォーキングはどちらがエネルギー消費量が高いの?

ご想像のとおり走った方がエネルギー消費量は高くなります。1㎏の体重を1㎞走って移動すれば1kcal消費されます。つまり60㎏の体重の人が1㎞走って移動すれば60kcalされます。 歩いた場合はその半分の30kcalです。その差は2倍になります。これはイタリアの生…

2016年3月26日(土)第6回日本腎臓リハビリテーション学会にて

腎臓リハビリテーション学会に参加してきました。私たちさいきじんクリニックの発表は「透析中のゴムチューブ運動の短期効果」でした。1ヶ月を通して下肢の筋トレを行なった場合にどのような変化があるかを確かめた研究です。筋肉が増えるといったポジティブ…

「きつさ」を番号で表すことはできるのか?

運動をしてる時に「メッチャきつかった~」とか、「今日は楽だったね」のような運動のきつさを言葉で表しますね。でも、これではどの程度きつかったのか客観的に分かりません。そこで研究や運動療法の現場では自覚的運動強度という物差しを使います。運動の…