WAKEフィジカルトレーニング

ミドルエイジからのワークアウト

パーソナルトレーニング

40歳からの筋トレ 漸進!

〜トレーニー スポットライト〜 3年前からのお付き合い。 浅岡さんのトレーニングです。 ヒールエレベイティッド・スクワットです。 そのダンベルバージョンです。 踵をバーベルのプレートに乗せて、 スクワットします。 通常のスクワットよりも大腿四頭筋(…

健康的にトレーニング!

8月の終わりから週2回のペースで 健康になる事を目的に、半年間続けて いらっしゃいます。 今日も楽しい、全身トレーニングになりました。 月に数回 有酸素運動も入れているので、 体重を維持した状態で、体脂肪率を下げて 筋肉量が増えてきています。 半年…

家庭教師とパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングは誰の為にあるのでしょか? 世の中パーソナルトレーニングではない トレーニングジムはたくさんあります。 1回何百円~だったり 月々何千円で使い放題だったり様々です。 パーソナルトレーニングと比べると 費用面では、断然普通のト…

手解きは専門家から

「自分では減量できないので, 徹底的にマンツーマンで指導してもらいたい」 と新規のお客さんが言ってこられました。 嬉しい言葉です。 私も今の会社を経営するに当たって、 自力ではやり方が分からなかったから, 商工会議所に行ってアドバイスを受けました…

本気で真剣に取り組むパーソナルトレーニングジム

「WAKEは限界まで追い込むジム」ですか? という質問があったんです。 答えはNoです。 WAKEは「真剣に取り組むジム」です。 体力レベルが低くても良いし、 太っていても、痩せていても、 運動の経験がなくても大丈夫です。 まじめに真剣に取り組む姿勢が…

簡単らくらくエクササイズの盲点

「簡単楽々エクササイズ」というのをよく聞きます。 簡単で楽々なので、 自分にも出来るって思うでしょう。 運動をしたことがない人には、 始めるきっかけとしては 「簡単楽々」って魅力的な言葉です。 それは運動効果が低い 100人の健康な人たちに 「5分間…

私の減量フィロソフィー

新規のお客様が減量を求めて来られると そのお客様の為のプログラムを提示します。 私の考えの基本は 「その人が健康になるため」です。 その為、短期集中コースのお客様にも 極端な食事制限は提案しません。 もし、3食ほとんど糖質を摂らずに 減量に臨みた…

やる気は本気か?

例えばマスコミが 「高校時代○○選手を育てた○○監督です」 というような感じで雑誌やテレビで見る事があります。 私には少し違和感があります。 その選手がもしかすると、影響のあった監督かも知れませんが 選手を育てたのは、スポーツと出会ったその日から …

筋トレはやってみないと分かりません!

私が指導しているトレーニングを4種目ほど写真で紹介します。 まずざっと見てください。出来そうじゃないですか? それと、どんなエクササイズかなんとなく想像できると思います。 シーティッド・ショルダープレス これは万歳する運動です。 インクライン・…

心と筋肉をコネクション

バーベルやダンベルを挙げる時、重要なことがあります。 それは「心と筋肉のコネクション」です。 「心と筋肉がつながるの?」 つながるんです! (1)単に筋肉を意識しようというのは間違い よく筋トレをしている最中に 「筋肉を意識しましょう」と言います…

減量は本気で気長にコツコツと!

「運動を始めたけど体重が落ちません」 という質問を頂くことが多いんですね。 その原因としていくつか書いてみようと思います。 (1)週に何回運動していますか? 「毎日スロージョギングをしていますか?」 すると「いいえ、週1回だけです」・・・ ジョギ…

最少労力で最大効果!

最小の労力で、最大の効果を出すというのは多くの人が望むことではないかな? よく聞くのが 「やってもやっても減量できない。」 「やってもやっても筋力アップできない。」 「やってもやっても速く走れるようにならない。」などですかね。 最少労作で最大効…

筋トレや運動をして快楽と健康を手に入れませんか?

「筋トレをやる、なぜかテンションが上がるんです!」 「筋トレすると朝から気分が良いです!」 そういった声を頂きました。 本当にその通りだと思います。 有酸素運動とは違った気持ち良さが筋トレにはあります。 特に高強度の運動した時はとてつもない快楽…

トレーニングは一生懸命か?一所賢明か?

「トレーニングはハードに!」これ大事なことです。 でも毎回ハードにトレーニングをする必要があるのでしょうか? 答えはノーです。身体に負担が大きすぎます。 強い日と中程度の日、 弱い日をうまく織り交ぜる必要があります。 (1)やればやるほど発達す…

筋力トレーニングをスポーツに活かす

「筋力トレーニングをやると競技スポーツをやるにおいてマイナスになる。」 そういったことが言われています。結論から言うと間違ってます。 (1)筋力トレーニングの効果を引き出す 「用法、用量をよく読んで」と薬のCMではよく言ってます。 筋力トレーニン…

選択の自由

池本です。 連休も終わりましたね。 コロナの影響で、あまり活動的ではなかった我が家も この連休は子供たちの為に、少し動きました。 定番ではありますが動物園へ行きました。 ゾウやキリンやトラやライオンやその他いろいろいましたが 動物を観ると普段と…

アフターコロナの時代は一家に1台これ!

【2016年の7月末に行った内海町クレセントビーチ】 ↑↑ 4年前の書き途中のブログです。 今日内海町のクレセントビーチに行って、 「いやあ、懐かしいなあ」と思ってました。 そこで、ブログの下書きを思わず、スクロールしましたよ。 私、書き途中のブログが1…

伝え方 

パーソナルトレーニングジムWAKEの池本です。 ステイホーム週間が習慣になって来ました。 休みならどこかに行かないと損だという考えもなくなり、 おとなしく家にいます。 家にいても、ボーとするのも退屈なので、掃除をする様にしていて、 これも運動の一つ…

オンライントレーニング風景

パーソナルトレーニングジムWAKE管理栄養士の久保田です。 直近で昨日の話になりますが、自宅でオンライントレーニングをしている風景の撮影をしていただきました。カメラマンさんにも来ていただきちゃんとした撮影です。 パソコンを床に置いて、実際にWAKE…

NSCA300チャレンジ!やってみました。さあ、みんなもやってみよう!

NSCA300チャレンジ! これは規定のエクササイズをSNS上でリレーしていくイベントのようなものです。 ハッシュタグ#NSCA300チャレンジを入れて、次の人につないでいきました。 私はリレーされていないのですが、自主的にやってみました。 次のような種目です…

テレビ電話でのパーソナルトレーニングを始めます!

先日のブログでもご案内しましたが、 WAKEでは、広島県の外出自粛要請の発令を真摯に受け止め 通常のパーソナルトレーニングの新規募集は自粛します。 そして、WAKEとして世の皆様に貢献出来て WAKEに出来る事をやろう!という事で この度、テレ…

気になる脂質の話

パーソナルトレーニングジムWAKE管理栄養士久保田です。 昨日は午前中にしっかりトレーニングをするところからスタート! いつもは昼か夕方にしているトレーニングですが、朝からやるのもいい目覚めになりますね。私はスクワットが結構足に効いててガクガク…

小人数だからこそ面白い!

私はサッカーの指導経験者なので、サッカーのトレーニングといえば だいたい1人の指導者に対して15人~20人を担当する事になります。 私が指導者になりたての時は、都会だったので子供も多くて 1人で40人くらい指導する時もありました。 1人で40…

インターバルをコントロール!

仕事の合間だったり、仕事が終わってから 自分の身体づくりの為に、筋トレや有酸素運動をしています。 身体づくりも仕事の1つと思い、出来る限り毎日やる様にしています。 最初の1週間は、全身バキバキで痛すぎてロキソニンを飲む程だったのですが(情けな…

ダイエットキャンペーン&グループエクササイズ大募集

パーソナルトレーニングジム管理栄養士の久保田です。 先週WAKEの看板が変わりました!かっこよくなりましたね~ 23日の月曜日にはWAKEのオリジナルTシャツが届いたので、早速スタッフで着用。M-DESIGN様ありがとうございます。 かっこよくてとてもいい感じ…

パーソナルトレーナー養成徹底講座へ向けて

NSCAの「パーソナルトレーナーのための基礎知識」が届きました。この本はパーソナルトレーナーのバイブルと言うべきものです。内容を見ると前回の第一版よりも見やすく、追加された項目もいくつかありました。プログラムの構成の仕方(プログラムデザイン)…

バスケットボール選手のシュート飛距離を伸ばすハングスナッチの漸進 〜トレーニング報告〜

バスケットボールの選手が「シュート飛距離」を伸ばすためにパーソナルトレーニングを受けに来られました。 youtu.be YouTubeでもコメントをまとめてみました。補足しながら書いてみます。 初めてパーソナルを受けに来られたのは2年前です。最初は減量目的だ…

3大トレーニングに関するウェブサイト 〜Stronger by Science〜

https://www.strongerbyscience.com/ このページは素晴らしいですね。私は3大トレーニング(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)は重視しています。まさにそれを極めるためのウェブサイトです。まだ全てに目を通していませんが、科学的データもしっか…

レジスタンストレーニングで使う主観的運動強度(RPE)

2日前のブログで書いたRPEスケールです。RPEはRating of Perceived Exertionの略で、直訳すると「感じ取ったきつさの割合」といったものでしょう。人が運動している時に強度が増せば、きつさは上がります。それを数字でランキング付けします。使うととても便…

筋肉をつける成功への旅

筋肉をつけるために重要なのは専門的な指導を受けることです。望むような筋肥大を起こすにはハードなトレーニングしかありません。重い重量を上げることで、筋肉は肥大する適応を起こします。トレーニングはシンプルなスクワット、ベンチプレス、デッドリフ…