健康づくり

有酸素運動と無酸素運動 どっちがいいの?

Dr. サカモトです。 有酸素運動と無酸素運動は どちらが大事? と言う話をよく聞きます。 無酸素運動は全力疾走や筋トレのイメージ。 有酸素運動はジョギングや自転車、水泳のイメージ。 前者は70%以上の負荷で挑むので 、 1分も持たないくらいです。 (も…

ノルディックウォーキングのエネルギー消費量は同じ速度の歩行よりも1.2倍

Dr. サカモトです。 【ノルディックウォーキング】 7年前の写真です。 ノルディックウォーキングという 両手でポールを突いて歩くスポーツがあります(写真)。 このウォーキングはとても健康に良いスポーツです。 タイトルで同速度の歩行よりも消費量が1.2…

定期的にスポーツを楽しみましょう!

池本です。 先日は4連休がありましたね。 これは、東京オリンピックがある為に作られた、 2020年特別な4連休でした。 7月24日のスポーツの日は2020年限定で、 来年の2021年は、従来通り10月の第2月曜日に戻るらしいですね。 でも東京オリンピックが2021年に…

体力を積極的に上げたいなら「最高心拍数」と「きつさの程度」を頼りにトレーニングする

最高心拍数のパーセンテージで負荷をかける 心拍数を測るのが億劫な方に お勧めは これまで有酸素運動なら「笑顔が保てる程度」で運動しましょうとお伝えしてきました。運動に慣れてきたら物足りなく感じるかもしれません。そんな時はレベルアップします。今…

気軽に簡単に出来る有酸素運動

福山市のパーソナルトレーニングジムWAKEのトレーナー池本です。 ゴールデンウイークも終わりました。 WAKEも5月2日~6日までお休みだったので、今日から通常業務に戻ります。 久しぶりの連休でしたが、外出自粛要請だったので、基本的に外出は控えました。…

心身の健康のためにもストレスに対抗できる食事を!

パーソナルトレーニングジムWAKE管理栄養士の久保田です。 散々コロナと聞き、自粛ばかりでストレスは溜まってないでしょうか? 今日はそんなストレスに対して、精神がリラックス出来る成分を取り入れた食事についてです。 本来ストレスとは、心身に加わる刺…

伝え方 

パーソナルトレーニングジムWAKEの池本です。 ステイホーム週間が習慣になって来ました。 休みならどこかに行かないと損だという考えもなくなり、 おとなしく家にいます。 家にいても、ボーとするのも退屈なので、掃除をする様にしていて、 これも運動の一つ…

おうち時間。何して過ごす?

パーソナルトレーニングジムWAKE管理栄養士の久保田です。 WAKEではコロナ対策を徹底した上でお客様にご理解していただき、現在も営業をしています。 しかしながらトレーニングジムに通うのを自粛しようと思う方もいると思います。 昨日のブログの中でもお伝…

ウォーキングとジョギングで運動不足の解消を!

今自宅トレーニングが流行っています。コロナの影響が大きいようです。緊急事態宣言に、自粛要請も加わり、人との接触を避けることが感染を防ぐためには重要なことです。しかし、そうやって家に籠もっていると運動不足になり、ストレスがたまります。また活…

コロナ自粛の今だからこそ自宅で運動不足を解消しよう

パーソナルトレーニングジムWAKE久保田です。 「コロナ自粛」最近よくこの言葉を聞くのではないでしょうか? 私が住んでいる福山も徐々にコロナ陽性者が増えてきているので、これによりより一層自分もならないようにと注意深くなります。私は元々引きこもり…

自宅でストレス解消の運動を

【尾道の瀬戸田の会場】 昨年、尾道でプラス10分てくてく運動の健康事業で講演をしました。タイトルは「100歳まで歩ける筋トレ法」です。そこで初めて自分の寿命ってものを真剣に考えてました。データで知ってはいたのですが、平均寿命は男性で約80歳、女性…

目的と目標

今日、新しくパーソナルトレーニングを受けたいという方が 最初のレクチャーを受講する為に来られました。 WAKEでは様々な、サービスを提供していますが 今日来られた方は、短期徹底パーソナルトレーニングを 選択されました。 短期徹底 - 福山市のパーソナ…

体脂肪を確実に落とすには

体脂肪を落とす方法をよく聞かれます。体脂肪は人間にとって必要ですが、一定量以上に過剰に溜まると肥満になります。また病気を引き起こすほど太ってしまうと単なる肥満ではなく、肥満症と言います。 体脂肪を落とす大前提として、まず次のことを知っておき…

ことり日和の健康体操! 〜「歳なんか関係なかったね」と言わせたい〜

フェイスブックの「思い出」をタップしてみると、8月30日がことり日和の体操が多いです。そこで並べてみました。 3年前の2016年8月30日は14名の参加。初期の頃は筋トレとプラスしてレクリエーションのようなこともやってました。ゲーム的な遊びのような運動…

ことり日和の健康体操 〜ランダムスロージョギング〜

今日も先週も、ことり日和の健康体操に多くの方が来られました。最近、嬉しいことにコンスタントに20人を超えています。なかなか20人超えることはなかったんですが、この頃は調子いいです。写真はスロージョギングの模様です。「いつもこればかりですね!」…

初めての本の執筆です「はじめてとりくむ身体活動支援 メタボ・フレイル時代の栄養と運動」 是非お買い求め下さい

久々のブログですが宣伝を! この度医歯薬出版株式会社から「はじめてとりくむ身体活動支援 メタボ・フレイル時代の栄養と運動」という本が出版されます。私は有酸素性運動 -ウォーキングとジョギング-の章を担当させて頂き14ページほど執筆致しました。この…

プッシュアップ(腕立て伏せ) 初心者向けのstep-by-step 講座

プッシュアップ(腕立て伏せ)は多くの方が敬遠されるエクササイズではないでしょうか。脚は体を支えるのには適していますが、腕はそもそも物を持つための運動器です。きついのは当然です。しかし、プッシュアップは上半身の押す種目の中では最も大きな力を…

減量はカロリーのデフィシットで考えよう! 減量編

減量はカロリーのデフィシットで考えよう!減量編【健康TV Vol.3】 - YouTube 減量は難しいと言いながら実はとても理屈は単純です。摂取したカロリー以上に消費カロリーを上げれば良いだけのことです。つまり、「消費カロリー>摂取カロリー」です。ところが…

膝上げエクササイズ(ステッピング)を実践! 〜細切れ運動でも脂肪燃焼は効果抜群〜

多忙すぎて運動ができないという人は多いですね。脂肪を溜め込みすぎると身体に悪いです。特に内臓脂肪は生理活性物質を異常分泌させ、それに伴い代謝異常を引き起こします。糖代謝や脂質代謝を悪化させたり、血管を硬くさせます。動けば脂肪をエネルギーと…

運動を始めるのに遅すぎることはない!

遅すぎることはありません。あなたの健康度を上げるには。【健康TV Vol. 1】 - YouTube 前にブログで健康寿命を伸ばすことについて書きました。 ●内臓脂肪を溜めないこと ●筋肉量を維持すること ●全身持久力を上げること の3つが大事です。 内臓脂肪を溜めな…

ついに令和時代が始まりました! この時代で健康寿命を延伸する仕組みは作れるか?

ついに令和が始まりました。令和最初のブログです。平成の時の改元ムードと全く違うお祝いムードなので、この体験はとても貴重です。新天皇陛下、御即位おめでとうございます。小さい頃「この方が未来の天皇陛下よ。」と母親に浩宮様のことを教えてもらった…

教科書には書いていない、研究してきた人の「一言」が大事

昨日熊本城でスロージョギングの教室で講師を仰せつかりました。快晴の中、参加者のみなさんは楽しんで頂けたのではないかと勝手に思っております。 【熊本城二の丸公園】 と、ブログを書いておりましたら、熊本の担当の方からメールが入り、喜びの声が多か…

トレーニングをスタートする 〜家でトレーニングする人のお勧め器具〜

家でやるなら自重しかない?そんなことはないです。道具はさまざまあります。最近はホームトレーニーは多いみたいですね。お金とスペースがあればバーベルトレーニングできますが、そうでなければ代替えの器具を揃えるのが良いです。それをご紹介しましょう …

スポーツクラブに通うとその費用が所得税の控除対象に?? 〜お金ってご褒美がやはり必要か!〜

「スポーツクラブに通うと所得税の控除の対象とする」と自民勉強会で提言されているとの記事がネットの新聞で掲載されていました(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000133-jij-pol)。大賛成です。これまで健康づくりの啓蒙やら、健康に関す…

サイエンス思考を!

スロージョギングをしても、ウォーキングをしても、筋トレしても痩せません!先に結論を書きました。どんな運動をしても痩せません。減量もできません!運動をすれば痩せるという図式がこれですね。 運動で消費カロリー増 → 減量 しかし、これは❌です。運動…

レジスタンストレーニングで使う主観的運動強度(RPE)

2日前のブログで書いたRPEスケールです。RPEはRating of Perceived Exertionの略で、直訳すると「感じ取ったきつさの割合」といったものでしょう。人が運動している時に強度が増せば、きつさは上がります。それを数字でランキング付けします。使うととても便…

デッドリフトの抗加齢効果と実用性

デッドリフトは多くの筋群を動員します。他のエクササイズでは多くて同時に3〜4部位ほどです。例えば、ベンチプレスでは大胸筋、三角筋、上腕三頭筋を動員します。しかし、デッドリフトの場合は写真で挙げているだけでも7部位です。実際には腹部の筋群、内転…

どっちを選ぶ?SNSで流れるフィットネス情報

SNSでいろんな情報が流れてきます。 とても有益な情報があります。「それを無料でもらっても良いの?」というのが時々あります。ときに役に立たない情報もあります。「それ、全く活かせないよ。間違っていますよ。」というのがあります。特にダイエット系で…

健康の第一歩は?

美しさ、格好良さ、筋肉のつき方など大事かもしれないけど、身体を動かす恩恵を意識する方がもっと大事ですよ。健康を蔑ろにして「見た目」ばかりを気にしている人が多いような気がします。体重を落とすにしても、「いかに健康を確保した上」での話です。

5分だけ歩くことをお勧めします!

動き出すのが面倒なだけで、動き出すと意外と動けるものですよ。