坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

減量の際に、飛び越えられないハードルは飛び越えられる高さに下げる

f:id:physicalist:20160620224738j:plain

ゴールデンウィークを過ぎると仕事モードになりますね。気持ちは心機一転で、5月はパーソナルトレーニングに来られる方も増えてきます。今日も新しい方が入会され、大事なことをお話しました。お客さんは気持ち新たにしているので、やる気満々で来ることが多いです。でもですね。実はスタートする際に心の中に大きなハードル持っていることが多いんです。そのことを減量したい人向けにお話します。

何かって言うと、飛び越えらないハードルを持ってきます。例えば最も多いのがこれです。「3ヶ月で10㎏体重を落としたい!」といった具合ですね。無理ではないですね。でも多くの場合が無理です。ハードルが高いとかなり努力を強いられますよね。最初は無理矢理よじ登ります。1週間くらいしたら疲弊してきて、やっぱり無理だから諦める。。といった具合で辞めてしまうんですね。

何が問題かって、それは飛び越えられないハードルを設けるからです。減量は塵も積もれば山となる方式なので長期戦です。小さいハードルを越える方が疲労も少ないし、継続できます。何といっても飛び越えられそうという自信が大事ですよ。

減量は飛び越えられそうにないハードルを、飛び越えられそうな高さに持っていくことがポイントです。飛び越えられれば自信となり、それは次の大きなやる気を生みだします!