坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

ニコニコペースのスロージョギング 〜体力が低い人ほどスロージョギングを〜

f:id:physicalist:20160919001142j:image

体力が低い人ほどスロージョギングをお勧めします。なぜなら強度の高い運動を行っても、体力が低いので上限の強度で運動しても消費量が稼げないからです。上限レベル(最大酸素摂取量)が時速8kmつまり8Mets以下という方は普通に多く見かけます。しかし50%の時速4kmのスロージョギングを行えば、細切れでも4kmは走れます。体力が低い方でも。スピードは関係ないので距離さえ走れば「体重×4」で消費量です。

また体力が低くなった方は、往々にして何かしら疾患を持っていることがあります。高血圧や糖尿病などです。これらの疾患を持った方はハードな運動で病状を悪化させたり、危険を伴う場合があります。

体力の高い人は別です。強度が高いところで5〜10分走ったとしても消費量が稼げます。是非、体力が随分落ちてしまったような状態であったり、高齢の方はスロージョギングを選んで欲しいです。