Makoさんのジョグ&筋トレBlog

ジョグと筋トレで世界を救う!

「疲れるから歩きたくない」という発想は、寝たきりへの近道を進んでます

f:id:physicalist:20161007100716j:image

介護施設での運動指導で思うこと

福山市のルピナス港南という介護施設に週一回運動指導に行っています。写真はその模様です。みなさん、前向きで1時間筋トレ、有酸素運動、柔軟性エクササイズ、コーディネーションゲームなどを楽しんでいます。続けることで「脚が上がりやすくなった」「肩が楽になった」と言うお声を頂きます。嬉しいお言葉で、指導者冥利に尽きるところです。

しかし、先日別の場所でお客さんが言われた言葉がありました。それは「疲れるから歩きたくない」と言うのです。残念なことに60代という若い方の言葉です。多分齢を取ると体力が落ちるから何やっても無理とか、単に面倒と言ったものかもしれません。

体力づくりは何歳からでも効果が見込める

もったいない!体力は何歳からでも若者と同じように、いやむしろ若者よりもトレーニング効果があるのに。これ本当ですよ。運動を好きであろうがなかろうが、やらなければ衰えるのが人間の身体の常です。最低でも歩いて欲しいですね。でないと寝たきりへの近道を選んでいることになります。