坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

減量を成功させるには「出来ない理由を潰す」こと

f:id:physicalist:20161016004007j:image

柳井-福山交流スロージョギングでのお昼のお食事

柳井〜福山交流スロージョギングのランチタイムで良いお話を聞きました。柳井グランドホテルの社長さんのお話です。内容はダイエットのことで、社長自身もスロージョギングの実践者です。もともと110kgあったそうです。すごく印象的だった言葉2つあります。

1つ目は「出来ない理由を潰すこと」

私も言い訳をすることはよくあります。しかし、よくよく考えると出来なかった理由があるはずです。例えば、私は昨日ブログを書けませんでした。毎日書いていたのに!「調子が悪くなり突発的に病院に行くという予定が入りました。体調も悪かったので書けませんでした。」というのが出来なかった理由です(言い訳です)。

高いハードルを設けないことも重要

この出来ない理由を潰すには「簡単な内容のブログでも書く」というのがあります。診察待ちで随分時間はあったのにそれをしなかったのです。いつも私の頭には長文でという頭がありますが、そんな高いハードルにするから書けないのですよね。もしくは、ある程度書き溜めておくのも書けない理由を潰すことになります。

いずれにしても社長さんは30kgは痩せたように見えます。毎日1時間朝歩くという目標を立てて、雨が降っても歩かれたそうです。雨が降ったから、ウォーキングが出来ないという理由を潰すために「傘をさして歩く」と決めたそうです。今回自分にとってもとても勉強になりました。「出来ない理由を潰す」良い言葉です!

2つ目の言葉は下記の記事で紹介します。