坂本誠のフィジカルトレーニング

スポーツ健康科学を分かりやすい情報にして発信しています

人の言葉に惑わされていないでしょうか。

「血圧の薬を飲んだら癖になるよ」
「そんなに痩せたらしわくちゃになるよ」
「痩せたら体力が落ちるよ」

あなたは人の言葉に惑わされていませんか?健康を揺さぶる多くの言葉があります。そして私はこういったことをよく聞きます。

医師は血圧が高いから、血管や心臓の負担を軽くするための薬を処方しています。血管を開く薬を使ったり、血圧を上げる物質を阻害する薬を使ったりする。にもかかわらず、人が癖になるからという理由でやめた方が良いと変な助言をする。

薬を使わなかったらどうなるか?心血管系に更に負担をかけて脳血管疾患や心筋梗塞のリスクを高める。最悪の場合は死を呼ぶことにもなりかねない。麻薬だとでも思ってるのだろうか?数日すれば血圧の薬の薬効作用は完全にウォッシュアウトされるのに。

肥満しているから痩せなさいと言っているのに、シワになってみっともないからやめた方が良いと余計な助言をする。太っている方がよっぽど良くない。肥満も心筋梗塞のリスクを高めることは明らかです。「痩せたら体力が落ちるよ」と言うが、太った状態で山に登れるだろうか?お宮参りの階段を息を切らさず上がれるだろうか?

専門の私から言わせると、体重が適正な方が体力は高い。太っていると全身持久力が低くなるので、体力が高いことはまず無い。最近こんなことをよく聞くので「その根拠は?」って返答を口癖にしています。真っ向根拠なく否定してくる人もいますからね。人の言葉よりもまずは自分を見よう。