坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

お家に軽いダンベルしかなくても、この種目は肩と背中に効きますよ

f:id:physicalist:20161106164409p:image

f:id:physicalist:20161106164432p:image

ベントオーバー・サイドレイズという種目です。肩の後ろと肩甲骨の内側が鍛えられます。地味ですが軽い重量でもかなりキツイです。ちなみにこの方は2kgを持ってます。

やり方は簡単です。中腰の姿勢になってダンベルを持ちます。そこから腕を横に挙げます。ポイントは肘を少し曲げて肘から挙げていく感覚です。すると肩の後ろと肩甲骨と肩甲骨の間が効いてきます。なんとも言えない疲労感を感じたい人は、これオススメです。