坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

トレーニングをマンツーマンで受けるという発想はなかったです!

f:id:physicalist:20161115015617j:image

パーソナルトレーニングジムWAKEでご指導させて頂いているお客さんの法堂一成さんです。この方から私にとって嬉しいお話がありました。

「トレーニングをそもそもマンツーマンで受けるという発想がないんですよ。私だけではないと思います。でも実際に受けてみて全然ちがうと思いました。例えば関節の動かし方や、ケガをしない動作、重量の細かな設定などは絶対に素人では無理ですよね。坂本さんが毎回のトレーニングで飽きがこないようにメニューを変えてくれているし、重量も毎回わずかに上がっている。自分だったらまずこんなこと出来ないですね!我流で変なスクワットを100回とかやってましたもん(笑)」

こういったお話をして下さったのです。特に家庭教師のようにマンツーマンで受ける感覚がトレーニングにはないというのは驚きでした。業界内にいると業界の常識が一般では非常識になっていることに気づきません。今日はお話を聞いてよかったと思いました。現場からの声。とにかく重要ですね!