坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

パーソナルトレーニングはトレーナーとの対話が貴重

f:id:physicalist:20161117210254p:image

 入会されて4ヶ月の高田さん(仮名)です。高田さんはパーソナルトレーニングは実践も大事ですが、それと同じくらい大事なものがあると考えています。

 

「まず大手のパーソナルジムよりは値段がリーズナブルですねWAKEさんは。中身は内容が濃くて気に入っています。例えば普通は重量はいつも同じのを扱ってしまいますが、重量とか微調整して見ながらやってもらっています。そこが嬉しいです。

継続は何とかできていますが、自分も正直忙しいのでコンスタントに通えていないですからね。でも辞めると体重が増えるというのは分かっているし、週一ではやっていきたいです。

それから継続できたのはLINEでのやりとりはキッカケにはなりましたよ。注意されるので気合が入ります(笑)。自分の目標はボディラインを作ることです。マッチョは求めていないんですよ。お腹周りを絞っていきたい。なかなかできていないので難しいのですが。

パーソナルトレーニングはハードルが高いと思うので、それなりに本気の人は興味があると思います。それと時間単価が高いけど、徹底的に見てもらっているので成果は出やすいですよね。あとなにが良いかって言うと、対話ができるのが良いんだと思います。その時に正しいトレーニングのやり方や知識を教えてもらえますよね。これによって密度が高くなります。」

 

パーソナルトレーニングは基本的なことを徹底していくことにあります。トレーニングの実践も大事ですが、考え方や知識が大事です。高田さんは一般のジムも併用しながらトレーニングしています。こういった形のパーソナルトレーニングジムの利用法もあるのだと私自身興味深く成果を観察しています。