坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

先生の助言があって実績がでると励みになってトレーニングが継続できた!

f:id:physicalist:20161207124956j:image

スロージョギングからパーソナルトレーニングを受講された水島留美さんです。いつもトレーニングを頑張られて、トレーニングフォームはバッチリでしたよね。水島さんの継続の秘訣を聞いてみましょう。

 

「最初のきっかけはNHK文化教室のスロージョギングです。先生がこういうパーソナルトレーニングをしているのをきっかけで入門しました。最初はスロージョギングの定例会にも参加しましたよね。その時に詳しく聞いたのが良かったです。LINEでメッセージをくれて決断しましたね。

あの3ヶ月間は気合がはいりましたよ。家で自分でやるよりは指導者のもとで行う方が気合が入りますから。先生は厳しくはなかったけど、食事のことに関しては写真を撮って送らないといけないので気が抜けかったです。ゆるく強制力がありましたね(笑)。いろんな助言でタンパク質を多く取って下さいとかね。だからタンパク質を多くしていました。そのことは良く見逃していました。カロリーを減らして野菜を食べていれば良いと思っていましたから。筋力をつけるには材料のタンパク質を摂ることが大事だとわかりました。今も気を付けていますが、このことが役に立っています。肉魚が大事ですよね~。筋力は何歳になってもつくってことも教えて頂いたし。一日1回何かをしておかないといけない気持ちになりました。WAKEが動機付けになりましたね。ジムでは器具の使い方が分からないです。でもみんなが使っていると自分も使いにくいですね。1人でやると気が抜けるのですが、マンツーマンが私には合っていました。私はダンスもやってますが、その違いは手を抜くところは自分がやっていれば抜いてしまいますよね。パーソナルだとずっと見られているので真剣になりますよね。間違っていたら指摘してもらえるし。別に坂本さんは厳しくはなかったですよ。自分が継続してこれた秘訣はトレーニングが「楽しみ」になってきたことですね。目標があったからできたとも思います。目標はギリ達成できたかな。あれからあんまり体重は変わってないですよね。維持できていますよ。あの時のことを思い出してやっています。パーソナルだと甘えられないので良かったです。もし他の人がやりたい人がいたらネックになるのはやる気だと思います。でもそれを支えてくれるのが坂本さんなんです。これは言えます。「1人ではダメですね」ってことだと思います!」

 

パーソナルはゆるい強制力ご働くようですね^ - ^それが良かったみたいですね。