坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

スクワットでしっかりと地面を押せ!君の脚はそういうふうに出来ている

f:id:physicalist:20161217230851j:image

f:id:physicalist:20161217231856j:image

これは見ての通り※スクワットですね。脚は構造的に立ち上がる動きに非常に向いています。この写真のようにしゃがんだ姿勢から立とうとするなら、「膝」が伸びます。「股関節」も伸びます。「足首」もやや伸びます。この動きは全部足裏で地面を押す動きです。膝を伸ばす筋肉は太もも、股関節を伸ばす動きはお尻、足首を伸ばす動きはふくらはぎです。だから下半身全体が鍛えられます。これほど効率の良い下半身のトレーニングはないですよ!他のどの下半身の種目もスクワットの効果に遠く及ばないですね。

 

※スクワットは「しゃがむ」という意味です。トレーニングの観点から考えるなら、「しゃがむ」ではなく「立つ(stand)」の方が良いですね。この「立つ」という動作は下半身の基本動作の1つです。他には「歩く」「走る」があります。この2つは英語ではまとめて「移動運動(locomotion)」と言います。つまり下半身の役割は「立つ」と「移動運動」になります。