坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

私のベンチプレス、スクワット、デッドリフトはこんな感じのメニューです。

f:id:physicalist:20161227174730p:image

トレーニングするなら心理的に負担が少なく、やりやすいメニューが良い。欲張ったメニューにした場合、やろうと思えばできる。だけど次行う時にまたこの「負担になる」トレーニングをすると思うと億劫になり、出来なかったら心が萎えてしまう。このことは忙しい時には尚更だ!そう、「多忙」というのは本当にトレーニングの実施を邪魔する!だから欲張らないメニューにした方が良いと自分は感じている。週に3〜4回やろうとか、1回のトレーニングで1時間やろうとすると余計に実行不可能だ!

そんな負担になるメニューよりも1回のトレーニングは30〜40分、種目はベンチプレス、スクワット、デッドリフトの3種目と決めておいた方がどれだけ心が楽か!今日はそんな私のメニューを紹介します。

以前は

A 

胸 ベンチプレス、インクラインベンチプレス

背 ベントオーバーロウ、ラットプルダウン

肩 ショルダープレス、サイドレイズ

腹 クランチ

 

B

脚、臀部 スクワット、レッグエクステンション、レッグカール

二頭筋 バイセプスカール、ハンマーカール

三頭筋 ナロウグリップベンチプレス、プッシュダウン

 

C

ビッグスリー ベンチプレス、スクワット、デッドリフト

 

といった具合に週3回のプログラムで1回のトレーニングを1時間程度行う計画にしていた。しかし、こんなにも時間が取れないことが分かり、完全に心が萎えました。いろいろ修正しながら週3回取ろうとしたのですが、結局挫折しましたね。。

 

そこで初心に戻り次のように割り切りました。

「1回のトレーニングは30~40分、週2回、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトを行う」

と決めました。

つまりこうです。

A 

主要種目 ベンチプレス、スクワット、デッドリフト 各3セット

補助種目 ラットプルダウン+クランチの連続セット 2セット

 

B

主要種目 ベンチプレス、スクワット、デッドリフト 各3セット

補助種目    ショルダープレス+レッグレイズの連続セット  2セット

 

これを週頻度は A,off,off,B,off,off,off としました。

セット間の休息は1分としました。

 

この計画で記録が大きく伸びる訳ではないですが、身体の変化は十分に感じます。

筋力も上がっています。目的は一般の人が見ても良い体格をしているのが分かる程度に筋肉をつける。つまりあの人はトレーナーだと判断してもらえれば良いと考えています。すでに私は選手ではないですし、自分の健康にも十分注意しながらトレーナー兼経営者として頑張るという思いですね。さて、結果はいかに?3月にはまた上半身裸の写真を撮ります。すでにミシマ写真館に予約してます。乞うご期待。