坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

歳をとるとトレーニングしても効果がないのか?

f:id:physicalist:20170110155147j:image

今日も「もう歳だからね!運動しても筋肉がつかないよ。」なんて声が聞こえました。しかも60代の方からです。そう言いたくなるのもごもっともです。一般的にはそうかもしれませんが、私たち専門の間では実は非常識なんですね!歳をとれば若い時と同じような体力を得ることは難しいと思いがちですが、実はこれすらも間違ってます。実際に若者と同じくらいの体力を持ち合わせている人も少なからずいます。

 

60歳を超える人でも時速7kmほどで軽快に走る人を見たことがありませんか?時速7kmと言われてもピンとこないですよね?時速7kmは歩くにしては速く、走るには遅いくらいのスピードです。なんとなく想像できますか?このスピードを楽々走れるなら充分な体力の持ち主で、同時に若者の体力に匹敵します。私の知り合いにこのような方がいます。乳酸閾値(安静時から乳酸が溜まるか溜まらないかギリギリのレベル)が時速7kmの60代の方がおられます。この方が特別かというとそうではないんですよ。もともと糖尿病の方です(現在もです)。運動始めたのは50代の時で今尚走っておられます。体力はちょっと頑張ればすぐに上がります。

だから   諦めないで欲しいんです!