坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

イメージとリアルはリアルの方が納得感が全然違う

f:id:physicalist:20170112204550j:image

ことり日和のスロージョギング の模様です。頭で考えてるのと実際やってみるのとでは納得感は全然違いますよね。当たり前です。そこが実験をやっているという強みかもしれません。部屋の中でスロージョギング中に「みなさんのそのジョギングスピードはどれくらいか分かりますか?」と聞きました。「そうねぇ、時速3kmくらいかな」と言われます。そこで7mの距離を普段通りのスロージョギングで走ってもらうと、みなさんビックリ。

Aさんは6.1秒で時速4.2km
Bさんは5.5秒で時速4.5km
Cさんは5.3秒で時速4.8km

ずいぶん遅いと思っていたのが、意外と速かったようです。感覚って分からないものですよね。自分は遅いと思っていてもこのスピードなら1時間で4.5kmですよ。Bさんが平均値なのでその平均で語ってます。

それに…この時速4.5kmというのはウォーキングで言うと時速6.5km程に相当します!かなりのスピードのウォーキングと同じ運動をジョギングでしていることになるんですよ!これを聞いてみなさん「おー!!」でした(笑)。普段そんなに早いスピードでウォーキングできないのに、スロージョギングでは、あら簡単!結構な運動ができていると言うことに驚いてるんですよね。これがスロージョギングの良さですよ。

みなさんの歩幅を聞くと

「みなさん歩幅はどれくらいか分かりますか?」と聞くと「40cm!」などの答えが帰ってきます。そんなことないですよね。10歩でたったの4m?「60cmはありますよ!」と案の定狭い人で62cm、広い人で68cmです。他の場所で測定した時は狭い人で55cm、広い人ではなんと80cmです。ということは、だいたい1,000歩を歩けば600m〜800mですね。1,000歩なんて簡単ですな。買い物に歩いていけばOKですよ。

こういうとみなさんかなり納得してくれました。「これだけでウォーキングと同じになるんだ!」「これだけで1000歩なんだー」と。リアルで測るものに勝る納得感はないですね。イメージは怖いです!はい。