坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

「健康って何ですか?」「。。。分かりません(汗)」 in コミュニティハウスumbrella 講義・講演2017年 その3

f:id:physicalist:20170205111610j:image

本日コミュニティハウスumbrella にて講話をさせて頂きました。本当に貴重な体験をさせて頂きました。かなり準備不足ながら一生懸命、たどたどしかったですがお話ししました。その時の一番最後に、司会の杉原さんからこのようなご質問が!

「坂本さんにとって健康とはどういうものですか?」

といった質問です。これは本当に難しい質問です。正直言って分からないんです。病気は説明できても、健康は説明できません。健康の定義というものが世界保健機関(WHO)にあります。それを引用すると「健康とは身体的にも、精神的にも、社会的にも完全に良好な状態であり、単に病気や疾病がない状態ではない」というものです。でもこの定義を満たす人がいるんだろうか?私は蓄膿症だし、半月板を痛めているので完全に良好な状態ではないので不健康ということになります。他に例えば「最近便秘をするんです」という人もアウトですね。これも完全に良好ではないので、不健康です。私が思うに健康とは

「今の状態よりも上に進もうという意欲や姿勢がある人が健康」

と考えています。心の面を重視しています。ここ数年透析運動療法に携わる機会が多いので、患者さんの姿勢を見てて思ったんです。

「よく来てくれましたね。ありがとう!では運動指導の方をよろしくお願いします。」と言って運動する人が少なからずおられます。このような方達を簡単に不健康と言えるのでしょうか?健康観は人それぞれ違うと思いますが、私はこのような自主的な姿勢を健康と考えています。

このような姿勢があればいつでも健康になれます。姿勢や努力!大事ですね。