坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

気合の入っていない今の私が、スロージョギングを1日の中に小まめに入れることで、8000歩が実現できた!

気分がのらないときにどうするか?

「最近、気分が乗らなくて面倒だ!」ということは誰にでもありますよね。運動をしたくないことは私でもあります。でもそんな状態を良しとしておくと、運動不足で太ってしまうし、体力も落ちてしまうんです。いかんですよね。

スロージョギングをやらないことが前提の人は仕方ないけど、やることが前提の人は今日やる運動を朝のうちに決めておくのも良いのではないでしょうか。「早起きすれば良い」という意見がありますが、相当の目的がないとできませんね。ここではそこまで気合を入れなくても健康を保つ方法、考え方をお伝えします。

実は私は最近運動に対しては、去年の減量していた時期(8月から11月)のように気合が入っていません。歩数も何も考えていなかったら5,000歩前後になっています。これはかなりヤバイ歩数です。そこでまず8,000歩を目指すことにしてます。私の生活リズムは朝のゴミ出し、子供を保育所に連れていく、パーソナルトレーニング指導、外部指導などなどです。確実に歩くところはゴミ出しと子供を保育所につれていくところです。

何も考えなければ5,000歩前後ですが…

先ほどのとおり何も考えていなかったら5,000歩前後なんです。ゴミ出しをすると往復で約400m。保育所では駐車場から園舎までが300m程度です。ここをスロージョギングにしています。歩幅が35cm程度なので普通歩行よりも歩数を稼ぐことができます。ここで1㎞ほど稼げて約2000歩になります。通常歩行の倍稼げています。つまり5,000歩が6,000歩になります。そしてここからがやはり少し意識しないといけないのですが、私のジム内でスロージョギングターンをトータル10本(つまり10分)行います。そうすると2,000歩稼げます。これでなんとか6000歩+2000歩で8000歩になります。

8,000歩以上歩いている人は健康を保てるというデータ

8,000歩というのは一応根拠があって、それ以上歩数を稼いでいる人は健康を保てるという青柳先生のデータからです。この8000歩というのは私にとってはゴミ出しと子供を保育所に送るときと、わずか10本のスロージョギングターンが思い出せるかどうかに掛かっている。気合まではいかないけど少しの意識で変わることは間違いないです。どうでしょう?みなさんは出来ますか?