坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

お尻を効かせる基本トレーニングならデッドリフトで! 細かく指導するから楽しい!

f:id:physicalist:20170217095915p:image


デッドリフト

 ビッグスリー(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)の指導が定着してきました。井上さんのフォームが最初に比べると随分よくなってきました。このトレーニングでかなりお尻と太ももの裏、腰の筋肉に堪えたと言っています!普通お客さんのお褒めの言葉を載せるのですが、修正点を書いてみます。井上さん、すみませんねm(__)m

脊柱のアーチとチェストアップ(胸郭を膨らませた状態。呼吸は止めない)は良い形で出来ていますね。ただ、しゃがんだ時にバーよりも肩が後ろに来ている時がありますね。正しい動きは肩はバーの真上か、やや前です。身体が起きる自然と肩が後ろに引けるので、お尻への効きが悪くなります。ですので身体を前傾させる意識で肩をバーよりも少し前に出す意識が大事です。こうすることで脊柱周りの筋群にも刺激が加わります。動作コントロールは良いので、練習あるのみです。

こんな感じですね。単純な種目ですが、昨日のブログでも書いたように継続すると姿勢が良くなります。現に井上さんも奥さんに「姿勢が良くなったね」と言われたそうです。他にも殿筋の筋力、ハムストリングス(太もも裏)の筋力が上がり、ジャンプやランニングに活きてきます。

WAKEでは合計32種目強の基本トレーニングを行います。メチャメチャ細かいですよ。いつかそれを紹介しても良いですね。