坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

さいきじんクリニックの教室で感じた「スロージョギングの代替の運動法も良い」について  講義・講演 2017年 その8

f:id:physicalist:20170416230016j:image

お世話になっているさいきじんクリニックでのスロージョギング教室です。今日はですね、実は結構気合い入りました。なにせ50人も参加されることが当日分かったからです。これだけ集めるという、さいきじんさんの気合いが凄いです。人数が多いとやはり大変なので気合いが要るんですよ。本当に感謝致します。

今回は透析の患者さんの参加人数が多いということで、スロージョギングの代替エクササイズを用意しておきました。以前にも透析患者さんが参加されたことがあります。膝が痛いという方が多かったので、そのために用意しておきました。その名も「ステッピング」です。簡単に言うとその場での足踏みもも上げです。足踏みのダイナミックになったものがもも上げです。ですので同じことなんです。両方とも歩を踏むということで「ステッピング」。良い名でしょう!

 

スロージョギングはご存知の通り、小さい歩幅で1分間に180歩で走ります。基本はフォアフットとニコニコペースです。ただ膝が痛い人は難しいかもしれませんね。そこでステッピングです。1分間に50回のペースで太ももを地面と平行まで上げる運動を30秒と、太ももを30度まで上げ、1分間に120回行う回数の多いステッピングを1分やりました。だいたい同じ強度なのですが、圧倒的にきついというのは太ももを地面と平行まで上げるステッピングです。こちらの方が大腰筋という脚を上げる筋肉が鍛えられるというメリットがありますし、膝を痛めにくいです。ただ、きついんですよ!

そして通常のスロージョギングも合計7分ほど行いました。1分行っては休憩、1分行っては休憩でした。でもみなさんとてもいい汗を掛かれました。かなり納得出来たのではないかと思います。1日10分とにかく頑張って欲しいです。

 

スロージョギングと同じような効果のある運動は現在のところ

1.スロージョギング&ターン

2.踏台昇降

3.ステッピング

4.チェアステップ

私流ですが

5. 2-3ステップ

などです。種類が多い方が関節に掛かる負荷を分散できてケガの予防にもなるし、飽きが来ないですよね。ドンドン種類が増えて欲しいですね。

 f:id:physicalist:20170416230218j:image

f:id:physicalist:20170416230241j:image