坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

出張や旅行が多いと食事が多くなる。。確かに!

 f:id:physicalist:20170516222956j:image

【ウィーンでの食事】

 

トレーニングでも勝てないものがある

どんなにトレーニングプログラムが優れていても、どんなにそのプログラムに沿ってハードにトレーニングしても打ち勝てないものがあります。それはいい加減な食事です。これだけは倒せません!大敵になるのは出張や旅行ですね。

当然のごとく3食ともボリュームたっぷりで、しかも途中お菓子やアイスクリームを食べたりしますね。自分もしますよ!!だって楽しいじゃないですか。せっかく来たのに食事を楽しまないなんて。私も今年の7月にドイツでのヨーロッパスポーツ医学会が控えています。約1週間行きます。そこで太らないための作戦を考えています。発表の内容よりも!去年は2㎏ほど増えたんです。74㎏が76㎏に。だから去年の8月5日からダイエットを始めた訳でして。今年はその反省を踏まえて、対策を。

考えているのは次のようなことです。

1)移動の際できる限りスロージョギングを行う。

2)食事はできる限り、この時ばかりは炭水化物は控える。

3)学会会場での昼食は軽食にする。

4)できれば早朝起きて30分はジョギングをする。

5)夜は食べるだろうから、考えながら野菜中心で食べる

6)学会会場をウロウロして、歩数は15000歩を目指す。

 できるんかいな?食事系は自信がないなあ~。運動関係は行けそうだけど。

でも対策を考えておくことって大事ですよね。頑張ってきます。

 

編集後記

今日は外部の仕事が2件、パーソナルが4人でした。そのうち新規はお一人でした。せっかく来てくれたわけです。スロージョギング流減量法をしっかりとお伝えします。