坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

トレーニングの成果というのは、やった人のみに訪れる

f:id:physicalist:20170901044057p:imagef:id:physicalist:20170901044116p:image

体脂肪率21.9%から16.0%に。6ヶ月で約6%落ちました。 

そして、さらに3ヶ月が経ち、12月1日の今日体脂肪率を測ると15%ジャストになっていました。自分が指導していて思うのですが、「変わるものだなあ!」って。彼はバスケの選手で、最近プレイ中でも脚がしっかりしてきたと言います。彼の大腿部を見ると、外側広筋という太ももの外側の筋肉が肥大していたのが見て取れました。「これなら地面を踏ん張れるよ!」と確信しましたね。彼の弱点はハムストリングスの硬さで、前屈が苦手です。それでも多少身体が柔らかくなっていて、フォワードランジという種目が非常に上手になっていました。当たり前だが、バスケは切り返しの多いスポーツなので瞬間的に強い負荷がかかります。対抗できる強い筋力が必要なのは当然です。

来年からはスピードや敏捷性のトレーニングを加えて行きます。バスケに必要とされる様々な要素を考えながら私もプログラムを組んで行きたいと思っています。来年が楽しみですね。