坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

この心理状態は魔物だね

最初にこれ見てください。

↓ 

https://youtu.be/SKTJrzArAnw

f:id:physicalist:20180131094228p:image

2018年1月29日のテレビ番組「名医のTHE太鼓判!」ってのがあったらしい。そこで安田大サーカスのクロちゃんが、あり得ない不摂生で2型糖尿病だという。写真にあるように他にも慢性腎臓病、肝機能障害、高尿酸血症などなど盛りだくさん!私はGoogleのアラートを設定していて、「糖尿病  運動」に関する情報があればメールが自動的に届くようになっています。それで、この情報が流れてきと、YouTubeで見ました。

 

f:id:physicalist:20180131131545j:image

こんな生活スタイルは絶対にやってはいけないことなので、反面教師として参考にしてみてください。まあ、普通ではなかったですから。

 

 

⚫️とんでもない勘違い

その中で名医の先生方がすごく印象に残ることを言ってるんです。それを書きますね。

「病気の状態に症状が伴わない」

    (特に2型糖尿病は痛みなく、症状が出た時にはすでにかなり病気が進行した状態ってことを言っている)

「そばも糖質なので、血糖値を上げる代表的な食べ物」

    (基本麺類は糖質だよ!)

「日本酒はもっとも糖質が多い」

    (日本酒はカロリー高いよ)

などなど。専門家の言う言葉は大事ですよ。医師がどれだけたくさん情報を持っているかご存知だろうか?医学という学問を6年間〜10年間大学で勉強し、研究し、診察の現場でもたくさんの情報を得ている。そんな人が「やばい!」って言っているなら、指示に従うべきでしょう。スペシャリストの言葉なのだから!

 

 

⚫️間違いに気づいていない。自分が正しいと思っている。それからもっと最悪なのは。。

もっと強烈だったのは次の言葉です。

f:id:physicalist:20180201140911p:image

「知識が間違っていることに気づいていない」

 

f:id:physicalist:20180201190250p:image

「自分の知識が正しいって勘違いしている」

 

 私も病院の運動療法施設で働いていいたので分かりますが、こんな人いましたね。うん、確かにいた。だから、驚くことはないんですが、一つ気になることがありましたね。それはね。

f:id:physicalist:20180201220433p:image

最後のこの言葉。「僕がマネージャーに言うんですか?」

これ、どういうことかって言うと。今の病状を改善するために糖尿病の教育入院を勧められ、司会者から教育入院のことを「事務所にそのこと(教育入院すること)を言えますか?」って言われた時のクロちゃんの返しのセリフだったんです。「あなたまだ他人事ですか?!」って思いましたね。この姿勢、ほんと良くないんですよ。つまり誰かが何かしてくれるって思ってる。誰も何もしてくれない。自分が覚悟を持たない限り何も変わらない。他人任せってこの姿勢。ほんとこれまずい。

真に関心がないから、覚悟がない。覚悟がないから、自分でやろうとしない。自分でやろうとしないから、結局他人任せ。そしてそんな言葉が出る!勘違いって、誰でもあるので改めれば良いけど、この根本的な心理状態は、、、魔物だね。