Mako博士のフィジカルトレーニング

ジョグと筋トレのことを乳酸がたまるくらいの熱い思いで書いています。「筋肉をつける」「体脂肪を落とす」ということを徹底的に考えてます!

お門違いな言葉

パーナソナルトレーニングは成果が出やすいトレーニングシステムです。マンツーマンなので効きやすいフォームとか、減量の悩みや食事のことなど、いろいろ聞けるのでメリットがたくさんあるんです。

先日、何人かのクライアントさんから

クライアントA:「体重落ちました〜!」

私:「頑張りましたね!」

クライアントB:「バスケの試合でシュートが決まりました」

私:「良かったね〜!」

クライアントC:「ちょっと食べ過ぎで体重増えちゃいました」

私:「そうですか〜!次回から気をつけましょうね」

なんてやり取りしました。こういったことをハングアウトを使ってコミュニケーションしてます。クライアントさんの喜びの声。私も嬉しいです。

 

でも、たまに合点のいかない言葉があります。

「体重が落ちませんでした。ごめんなさい!

「食べちゃいました。ごめんなさい!

「今日のパーソナルトレーニングをキャンセルさせて下さい。ごめんなさい!

って最後に「ごめんなさい」が付きます。

う〜む、私がいつも思うのは、、、「私は何も悪いことされてません。」って頭を過るんです。だって「ごめんなさい」って言葉は悪いことした時に謝る言葉ですから、この場合は不適切な言葉です。もし、体重が落ちなくて私にに悪いことしましたって思うのであれば、それはお門違いです。誰のために減量やってるのかな〜って思うんですよ。自分のためですよね?だから自分自身に謝るべきだと思うんです。切に!