Mako博士のフィジカルトレーニング

ジョグと筋トレのことを乳酸がたまるくらいの熱い思いで書いています。「筋肉をつける」「体脂肪を落とす」ということを徹底的に考えてます!

外食続きの場合の対処法

減量をしている時は真剣にしているつもりでも、どうしても付き合いで食べに行かないといけない時もあります。私ももちろん仕事関係のお付き合いはあります。どんな時だって外食は楽しいものですよ。私の場合、減量と言えば一昨年前を思い出します。その時にも食べに行かないといけないことがありました。洋食のお店でコース料理でした。ステーキやポテトなど脂分の多いものが出てくるし、さらには丸いパンも幾らでも食べても良いかのごとく持って来られます。この時に私がやったことはパンは1つだけで、ステーキの端についている脂肪分は取り除きました。パンはあのサイズなら多分1つ食べたら100kcalはあるし、ステーキの脂分を食べたらそれだけでも100kcalは余裕で超えます。つまり、会食に行くと諦める人いますがまだ早いです。少しでもカロリーを減らすようにルールを設けることです。減量の原則は摂取を抑え、消費を増やし収支をマイナスにすることです。ですので、できる限り抑えるように心がけました。でも、結果次の日は体重が増えていました。そんな時ガッカリもしましたが、次の日の朝は主食のご飯を半分にして、お昼も控えてジョギングの時間を伸ばしましたね。1回で収支をマイナスに出来ないこともありますので、その場合は数日間で調整するようにしました。すると調整した分だけ2日遅れで落ちてきました。

 

下の写真は和食のお店に行った時の食事です。和食の方が洋食よりもカロリーは低くなるのでお勧めです。ですので自分が会食のホスト(当番役)になるのであれば、和食のお店をお勧めします。

f:id:physicalist:20180312212126j:image