坂本誠のフィジカルトレーニング

筋トレとジョグのことをスポーツ科学と現場の視点から書いています

細切れで500歩ずつ時間があるときにスロージョギングするのは、減量の戦略としては良いことだと改めて思った!

まとまった時間がない時に、細切れでスロージョギングをするのは健康上良いことだと、以前のブログでも紹介しました(http://www.sakamako.jp/entry/2018/03/10/115408)。3月22日から減量を始めると宣言して5日が経ちました。現在マイナス1.8kgです。やってることは昼食のみ減らすことです。朝と晩は普通に食べています。それからスロージョギングをやっているのですが、500歩ずつ暇があったら走っています。今はそれだけです。部屋の中ではスロージョギング&ターン。外では3分走っています。それから仕事先や車から降りてコンビニに行くまでのように、ちょっとした距離もスロージョギングをして運動を追加しています。2年前行ったようにスロージョギング用の音楽を使ってません。そこが違います。この方法はすごく快適です。500歩稼ごうとチラチラ歩数計を見ながら増やすので、その歩数に到達した時には達成感があります。今のところ歩数は遡って、12131歩、8424歩、9582歩、12083歩、10032歩です。15000歩の歩数が目標ですが、まだまだだいぶ足りていません。頑張らないといけないのですが、隙間に思い出すことを頑張っています。すごく良いと思ったのは身体と心の負担感がほとんどないことです。前は10分まとめて走ったりしていたので、心理的な疲労感も残っていました。「またこれをやらないといけないのか。。」って気持ちもありました。でも今回はほぼ無いです。畑本らの研究でスロージョギングを1日中3分程度を小分けに行うと、食事の前後にそれぞれスロージョギングを行うよりも血糖値がよく下がるというデータを示しています(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28408695/)。血糖値の増加は脂肪の蓄積も促すので、まとめて運動するよりも小分けの方が良いのというのを実感しています。

さて、今は12401歩です。500歩追加します!

f:id:physicalist:20180327184410j:image

f:id:physicalist:20180327184416j:image

 

感想

10分走るのと、3分走るのは感覚的に大違い!