坂本誠のフィジカルトレーニング

最高のトレーニング環境、プログラム、指導、情報を提供できるよう日々前進しています

病気になってしまった時の対処よりも予防を

この前の日曜日の夕方くらいから急に体調が悪くなりました。といっても若干なんですよ。少々咳が出て、喉に少しの違和感。私、すぐに分かるんです。経験上このちょっとした違和感が徐々に絶不調になることが。案の定次の月曜日、違和感は変わらずです。そこで、すぐに病院に行って診てもらいました。結果は単なる風邪です。咳止め、抗生剤、うがい薬などもらって、、今(10月19日)に至っております。

f:id:physicalist:20181019112330j:image

 

今はだいぶ落ち着いて、咳も喉の違和感もほぼないです。健康って大事だなと改めて思います。それで以前にもこんなブログを書いたのを思い出しました。これです!

2017年は正月から風邪(http://www.sakamako.jp/entry/2017/01/03/154700)、

4月も風邪(http://www.sakamako.jp/entry/2017/04/04/001707)、

5月は感染性胃腸炎、6月は肋骨の骨折で病院に行き、10月に入ってからも毎月風邪で病院に行っていました。病院にとっては常連客です。オーバーワークは間違いなかったです。論文の追い込みの時期だったからという言い訳。。

 

私は体調が悪くなる時は毎回予兆がするんです。いつも無理して無理して限界に追い込んで、体調が悪くなってもまだ追い込むみたいな感じで。今回良かったのは違和感があったら、すぐに病院に行って対処したのが良かったです。やっぱり病院の薬は効きますわ!

 

大丈夫、大丈夫と思いつつ先延ばし。これ良くないと感じました。早く対処したのは良かったですが、私は病気にならないための予防に関わる仕事をしている人間!なってしまった対処も大事ですが、ならないように予兆が来る前の予防!これを心に銘記しておこうと思います。