坂本誠のフィジカルトレーニング

Mako’s Physical Training. “Perfecting the basics is the fastest.” "Love Barbell-based training and Slow Jogging"

スロージョギングもファストウォーキングも健康づくりの味方

健康寿命を伸ばすための方法は次のことが重要です。

前にも書きましたね。

これ

↓↓

f:id:physicalist:20181218224552p:plain

1.内臓脂肪を減らす

2.全身持久力を上げる

3.筋肉量を維持する

の3点です。

 

一番最後の筋肉量を維持するって方法で、今までお薦めしていたのがスロージョギングです。意外って感じがすると思いますが、中高齢者の介入研究では維持というよりも、むしろスロージョギングをすると太ももの筋肉が肥大します。これがすごいところです。なぜなら、筋トレでもない楽なジョギングで筋肥大するからです。消費量が高いので内臓脂肪も落ちるし、全身持久力も向上します。

 

ただ注目したいのはスロージョギングだけでなく、ファストウォーキングも同じような効果があるかもしれないです。

f:id:physicalist:20181218232759p:plain

この図は時速3〜8kmまでの歩行と走行の運動強度です。時速6km以上を速歩とすると、速歩はスロージョギング(時速3〜5km)の消費量にも匹敵します。よって速く歩くこともメタボの解消や全身持久力を増加させるのに貢献できると言えます。

 

f:id:physicalist:20181218233034p:plain

また筋肉の動員も、速く歩くと太もも前側と後側の筋肉がランニングよりも高く活動します。よってファストウォーキングは筋肉量の維持にも貢献できます。

 

そのことを踏まえて、スロージョギングの良さ、ファストウォーキングの良さを伝え、多様な運動の中の一つの運動様式として走行か歩行かを選択していけば良いと思います。