坂本誠のフィジカルトレーニング

Mako’s Physical Training. “Perfecting the basics is the fastest.” "Love Barbell-based training and Slow Jogging"

パワーポジションからのスナッチ

【1】

f:id:physicalist:20190121084506j:image

 

【2】
f:id:physicalist:20190121084517j:image

 

【3】
f:id:physicalist:20190121084521j:image

 

【4】
f:id:physicalist:20190121084512j:image

先日実施したパーソナルトレーニングです。バスケの選手のスナッチです。前回はプッシュプレスを「下半身で作った力をバーに伝える漸進として」導入しました。股関節、膝関節、足関節の伸展は意識できるようになったと思います。それでさらに漸進させ本筋のスナッチです。でもまだハングポジション(バーが膝から)ではなく、バーが股関節から行うパワーポジションからです。

 

【1】がパワーポジションです。お尻を後ろの突き出し、足裏全体に地面に接地させておきます。この姿勢から爆発的に股関節と膝と足首を伸ばします。これをトリプルエクステンションと言いますが、上体を後ろに倒すような「振り」を使いません。どちらかというと鳩尾を上方に突き上げるイメージです。

【2】のように鳩尾を上方に築き上げています。ですが、それ以上に意識はトリプルエクステンションです。3つの関節を伸展させるのですが、大事なのは股関節と膝関節の伸展です。足首はそれほど意識しません。勢いよく地面を蹴るとバーが跳ね上がってきます。写真のようにこの時点ではまた肘は伸びたままです。

【3】トリプルエクステンションが終了したら、すぐ様肘を引き上げバーを身体に沿った状態で引っ張りあげます。バーが胸部あたりに来たら今度はしゃがみこむ準備をします。

【4】バーの下に入り込んでキャッチです。キャッチでの足幅はスクワット幅でお尻を突き出してバーをキャッチします。

 

これまで漸進として、ストレートアップ、ジャンプwith バー、ハイプル、そしてこの時行った「スナッチfromパワーポジション」です。ストレートアップが簡単な動作なのですが、これを完成させて次のジャンプwithバーといった感じで漸進させていきます。習得が早く一気にスナッチfromパワーポジションまでいきました。課題はまだトリプルエクステンション後に腕のプルを入れるタイミングが遅すぎることがあります。これも練習次第です。次なる漸進はハングポジションからです。ここの移行が難しく動作が乱れることが多いです。次のトレーニングも楽しみですね。

 

●今日の成果

英語の勉強:0時間

                     今年の英語の合計勉強時間300分

歩数:5615歩(風邪がまだ治ってません)

筋トレ:なし