坂本誠のフィジカルトレーニング

Mako’s Physical Training. “Perfecting the basics is the fastest.” "Love Barbell-based training and Slow Jogging"

全くの運動初心者の方が運動する時の心構え

初めて運動をする人、不慣れな人、体力が低い人にとってきつい運動は抵抗があるでしょう。またきつく感じられるハードな運動をした場合に関節を痛めたり、次の日、もしくは次の次の日に激しい筋肉痛に襲われることがあります。そういったことは避けたいものです。今日は最初に運動に取り掛かる時の重要事項を箇条書きにしてみます。

f:id:physicalist:20190214211318j:image

 

1)運動が終わった時には物足りないくらいがちょうど良いです。

2)トータルで10〜15分くらいから始めましょう。

3)休み休み行いましょう。

4)準備体操と整理体操は十分に行いましょう。

5)人と争わないようにしましょう。競争ではありません。

6)運動中に口笛や鼻歌が歌えるくらいのレベルで行いましょう。

7)歩く場合は靴と靴紐の結び方はきちんと専門家に教えてもらってから歩きましょう。

8)運動は一生涯取り組む姿勢で行うので、決しても無理をしないようにしましょう。

 

時々聞くのは「運動は一生懸命にやらないといけないのですよね?」といったものがあります。

一生懸命でないと効果がでないということはありません。私が提唱しているのはマイルドな運動で、笑顔が保てる程度の運動です。このような運動でも十分に効果があります。アスリートのような体力をつけようと言う話ではありません。ある程度の体力レベルがあれば健康長寿は全うできます。これから運動を始める方は是非とも焦らずに、笑顔が保てるニコニコペースを実践していただきたいです。

 

今、運動のことで執筆中です。

本当に運動が初めての方向けに書いています。最初の取っ掛かりなのでこれなら出来ると思えるようになってもらいたいです。