伝え方 

パーソナルトレーニングジムWAKEの池本です。

ステイホーム週間が習慣になって来ました。

休みならどこかに行かないと損だという考えもなくなり、

おとなしく家にいます。

家にいても、ボーとするのも退屈なので、掃除をする様にしていて、

これも運動の一つと考えています。

 

掃除をするといい事もあって、気分転換にもなりますが、

思いもつかないものが出てきたりします。

少し前は、マスクが一枚出てきました。貴重です。

そして、この前の掃除というか片付けで、ある一冊の本が出てきました。

ちょっと前の本で、「伝え方が・・・」という本です。流行りましたよね。

改めて読むと面白かったです。そして巡り合ったタイミングも良かったのです。

なぜなら、WAKEでは現在オンラインのパーソナルトレーニングを

始めています。もう2週間から3週間経ちますが、このオンライントレーニングは

クライアントさんは、ご自宅にいるので、画面越しに全て「言葉」だけで伝えないといけません。これが、ことのほか難しいです。

「すみません前に行ってください」と言っても、前ってカメラ側か?つま先側か?クライアントさんには伝わらないので、

「窓の方へ半歩前進してください」とか「壁の方へ一歩下がってください」とか

具体的に伝えないといけません。

本当に日々勉強です。

f:id:physicalist:20200428144431j:image

 

そしてこの伝え方の本には、「なるほどな」と思わせる事が多く書かれていました。

例えば、

「洗い物してくれる?」だと人は動かないですが、

「洗い物と洗濯物どちらかしてくれる?」と伝えると、

「じゃあ洗濯物でもするか」となるらしいです。

「窓拭いてくれる」ではダメで、

「背が高いあなたしか届かないから窓拭いてくれる?」で動くらしいです。

 

娘さんが「お父さん運動しなさいよ!」

ではお父さんは運動しませんでしたが、

「夜一人で走るのが怖いから、お父さん一緒に走ってくれない?」

でお父さんは快く運動するようになったらしいです。

 

確かに娘を持つ父親として分かります!男は単純というかある意味簡単ですよね(^^)/

 

ステイホームが長くなると、夫婦喧嘩親子喧嘩も増えそうですが

伝え方、言い方ひとつです。もしよければ参考にして実践してみてください!

 

そして私たちトレーナーも、クライアントさんへの伝え方言い方で、やる気やモチベーションは大きく変わると思います。

 

個人的には褒める事が大切かなと思います。

何でも褒めるのではなくて、褒めて欲しい時に褒めて欲しい所を褒める。

難しいですけどね。観察力ですね!

人間は承認欲求があるので、褒める事で認められていると思って頂けると

信頼関係がグッと深まります。

この承認欲求については、奥が深いので、また別の機会に!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。