自重がメインのオンラインパーソナルトレーニングの中身をちょっとご紹介

最近はオンラインのパーソナルトレーニングが多くなってきました。

コロナの影響を受けて、今は新規の対面指導のお客さんは募集しておりません。

オンラインはしております!

WAKEはムンムンとした密閉、ギューギューした密集はありません。

ただベラベラと話す密接はあります。

マスクをして換気をして注意しながらやっています。

しかし、それでも気になる方はオンラインでお願いしています。

 

 

 

 

 

オンラインの雰囲気

f:id:physicalist:20200429200344j:image

オンラインはこのような形でiPadを三脚に立てて、

私の全身が映るようにしてエクササイズをします。


f:id:physicalist:20200429201658j:image

普通の三脚です。

昨年YouTubeのために買ったのが役に立っています。

iPadだと画面がある程度大きいのでお客さんがよく見えます。でも表情は分かりにくいので、近くに寄って確認しています。きつそうな顔をしていたら、「あと少し!あと3回」と声掛けして、モチベーションを上げています。


f:id:physicalist:20200429201648j:image

左に見えているウェブキャスティングミキサーを経由して音を調整しています。

右に見えているのが自撮り棒ですが、三脚のように立ててiPhoneで撮影することもあります。

 


f:id:physicalist:20200429201637j:image

マイクはこれです。

iPadのマイクだと声を拾いにくいので、このようなマイクを使ってマットの近くに設置しています。これでしっかりと声は届きます。

 

エクササイズの種類

こういった手と脚を上げるのをやってます。

↓↓
f:id:physicalist:20200429134928j:image

 バード&ドッグといいます。時々この種目は雑誌でも見ます。正しくやっていけば、お尻、肩、背部にきっちりと効いてきます。効かせることってとても大事なんですね。ある程度焼け付くような感じが出てくる方が発達します。

他にはまだまだたくさんありますが、下のYouTubeの動画のような種目をやっています。

 

 

youtu.be

【スーパーマン】

 

youtu.be

【プッシュアップ】

 

youtu.be

【フォワードランジ】

 

youtu.be

【ベントニー・シットアップ】

 

 

通話のツールは?

今のところFacebookメッセンジャー、Skype、LINEを使っています。Zoomも使ったことがありますが、まだよくわかっていないところがあるので、ググって使えるようになろうと思います。

 

WAKEのオンラインパーソナルの特徴

 オンラインのパーソナルトレーニングは自信があるんですよ。トレーニング種目もかなり持っていますし、効かせるテクニックは心得ています。サーキットトレーニングで持久力を鍛えたり、エネルギー消費量を稼ぐエクササイズにも臨機応変に対応できます。昔オンラインはやっていたので、是非多くの方に自宅で挑戦してもらいたいです。

 

それから管理栄養士がいるので、減量に関しては食事の指導も丁寧にできます。「単に減らしましょう」なんてアバウトな指導ではありません。やはり減量に関しては食事のカロリー摂取の影響が大きいです。ですので、運動だけでは無理とほぼ言えます。

 

単に減量というだけではなく、適正な体重を保つことと筋肉量を維持することは健康寿命を伸ばすためにも超重要です!!「超」です。今のうちに運動習慣と適正な食事を身につけませんか?

オンラインパーソナルトレーニングはこちらです

↓↓↓

自宅 de パーソナルトレーニング|パーソナルトレーニングジムWAKE

f:id:physicalist:20200430231125p:plain