怪我の予防は更に意外な結論へ!

池本です。

気が付けば梅雨入りして、本格的な梅雨らしい雨が続きましたね。

今年は春を感じる事があまりなく、夏を迎える感じかなと思います。

新型コロナウイルス以外の話題が、ニュースやネットで流れているのを観ると、

世の中に普通の日常が戻りつつあるな、と感じている方も多いのではないでしょうか?

 

さて、前回ケガの予防について、もう一つ重要なファクターがあると書いて終わりましたが、今回はその続きです。

 

最初に怪我をすると人の心がどうなっていくかご紹介します。

 

否認→②怒り→③取引→④抑鬱→⑤受容

 

怪我をすると、ケガを受け入れたくないと

否認します。(こんなの大丈夫、大丈夫)

でも、大きい怪我になると否認しても、思う様に走れない、動けないとなると

怒りが出てきます。(なんでこんな時に…)そしてこの怪我とどう向き合うか

取引を考えます。(病院へ行こうか、もう少し様子見ようか)

でも現実は、ライバル達がどんどん成長している状態を見るようになります。

孤独になります。そうなると

軽い鬱の様な状態になり絶望感が出てきます。

それを乗り越えると、この怪我を

受け入れて前向きに考える事が出来る様になります。

 

ただ、ここで重要なのは、受け入れるまでの段階での絶望感の時に、選手によってはバーンアウトになって、そのスポーツそのものを辞めてしまう選手も出てきます。

怪我をきっかけに競技を辞めた、プロになる夢をあきらめたという話はよくあります。

  

だからこそ、①〜④の過程でやるべき事があり、最終的にその行動がケガの予防になります。

それは、科学的に証明されていて、個人的には意外な結論なのですが、

答えは

 

「仲間の励ましの声」です。「大丈夫か?」「痛みはどう?」などなど…

いわゆるチームのまとまりケガの予防になるというのです。

f:id:physicalist:20200616162113p:plain

 

桃山学院大学の中村先生は今まで色々なチームのサポートをしてきて、怪我が少ないチームはチームがまとまっていて、逆に怪我が多いチームは雰囲気が悪い現実をみてきているらしいです。

怪我をした→仲間が励ましてくれる→立ち直れる→怪我が治る→また怪我してチームに迷惑かけたくない→怪我の予防をする→怪我人が減っていくというメカニズムです。

 

この「チームのまとまり」が怪我の予防になるとは意外でした。

 

怪我で孤独になっている選手に、仲間がどんな声をかけているか?

指導者やトレーナーがどれだけ親身になって寄り添っているか?励ましの声をかけているか?

 精神的に弱くなっている怪我人に対して、救えるのは周りの仲間だという事です。

 

防ぎ様のない怪我や、不運な怪我はたくさんあります。

その時に、チームがまとまっている事と、そうでないバラバラのチームだと

怪我の蔓延や、怪我の治り具合が変わり、結果が大きく変わるのだと思います。

確かに振り返ると、いい雰囲気のチームの時は、怪我は少なく結果が出ていたように思います。何でもチームというまとまりは大事ですね。

 

そしてWAKEでは、クライアント様には細心の注意をはらい、必ずウォーミングアップやクールダウンは入れて怪我予防をしていますし、少しでも痛みがある箇所はトレーニングをしないなど、コミュニケーションや表情などを見て、怪我の防止に努めています。チームWAKEとして、怪我の予防に努めていますのでご安心ください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

福山市パーソナルトレーニングジムの池本でした。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

現在オンラインパーソナルトレーニングも募集しています。ジムに行けない忙しいそんな貴方に。

自宅でプロのトレーニングを受けてみませんか?

wakeonline.net

  □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■