筋肉痛を抑えるとっておきの方法

f:id:physicalist:20200714011504p:image

Dr. サカモトです。

 

筋肉痛のことって

聞かれることがものすごく多いですね。


例えば、

「筋肉痛がないから、

このトレーニングはダメなんですか?」

とか

「筋肉痛が2日後に来るから、

私は齢なんだ!」

とかね。


だけど、実は上記のことは

全部ウソです。


このことについては

いずれお話することにして、

今日は筋肉痛を抑える方法

についてご紹介します。


とても簡単なので、

やってみてください。


まず筋トレをやりましょう。

まあ、手っ取り早いのがスクワット。

スクワットを筋肉痛が

出るようなレベルまでやります。

10回×5セットくらいが良いかな。

(きつ〜〜!)


筋肉痛になると思われる

部位はお尻と太ももです。


ではこの筋肉に対してどうするか?

氷で冷やすんですよ!!


ビニール袋に氷を沢山入れて、

直接筋肉を冷やします。

5分くらい

できれば右の太ももだけ、

冷やしてください。


これをアイシングと言います。

有名ですね。


あんまり長いと凍傷を起こすので、

お気をつけください。


こうすると右太ももは

ほとんど筋肉痛が起こりません。

左太ももは筋肉痛になるでしょうね。

実験みたいなものです。


みなさん、見たことないですか?

野球のピッチャーが

ヒーローインタビューで

肩にでっかいギブスみたいなのを

付けているのを。

あれがアイシングです。

疲労を残さないための。


氷で冷やすと

筋肉内で起きている

炎症反応が抑えれます。


プロが実践している方法は

一般の方にも応用できます。


是非お試しを!

もちろん、片脚を試したら、

その後は

両サイドやってくださいね(^^)

 

◆編集後記&宣伝◆

今週も木曜日に

「1日10分自宅でできる時短トレーニング」

のセミナーを弊社で行います。

まだ受け付けていますので、

興味のある方は是非ご参加ください。


と言っても満員なので、

オンライン参加のみです。

 

■オンラインパーソナルトレーニング

https://wakeonline.net/


■根性不要のやみつきダイエット

http://u0u0.net/AKtW

 

■筋トレ㊗カムバックキャンペーン

http://u0u0.net/6VKp

 

■Kanaの夏バテByeBye計画

http://u0u0.net/vHDB

 

■1日10分自宅でできる時短トレーニング(オンラインセミナー)

http://u0u0.net/wxdc