内臓脂肪減らして、筋肉をつける! 筋肉の時代

こんにちは!

Dr. サカモトです。

健康づくりのためにジョギングとウォーキング、

そして筋トレをお勧めしているパーソナルトレーナーです。

f:id:physicalist:20200818163950j:image

 

「皮下脂肪と内臓脂肪はどう違うのか?」

という質問がありました。

皮下脂肪は字の如く、

皮膚の下に溜まっている脂肪のことです。

 

ヘソの横を二本指で掴んでみてくだださい。

ある人は1cmくらいの人がいあれば、ある人は4cm以上の人もいます。

これが皮下脂肪です。

お腹周りが大きくなったからと言って、それが全部内臓脂肪だとは限りません。

もちろん、お腹が大きくなると内臓脂肪が溜まっている確率も上がります。

 

内臓脂肪というのは、内臓の周りに付いている脂肪のことです。

腸の周り(腸管膜)や、他にも内臓の周辺に溜まってきます。

CTスキャンという身体の断面を撮影する技術があります。

その時、画像の解像度を調整して、脂肪が白く写るようにします。

その時ヘソの位置の断面図の白い部分が、100平方センチメール以上あると、

内臓脂肪が蓄積しているとし、要注意レベルになります。

 

内臓脂肪は溜まったとしても、身体全体の脂肪の数パーセントですす。

ですが、この数パーセントが身体の中で悪さをします。

内臓脂肪から生理活性物質が分泌されます。

その物質が血管を硬くし血圧を上げたり、

糖質の取り込みを悪くしたり、

脂肪の代謝も悪くなります。

 

これが高血圧、糖尿病、脂質異常症の原因になり、

動脈硬化から脳血管疾患へと発症したとき、

場合によっては命取りになります。

 

皮下脂肪は摘めばすぐに分かります。

だけど、内臓脂肪はCTスキャンといった、

内部を撮影する技術を使わないと正確には分かりません。

こういった方法はコストも時間もかかるので、

血液検査で発見する方法をとっています。

 

それが2008年から始まった特定健診での、

基準です。

血糖値が130以上

中性脂肪が150以上

腹位周囲男性85以上、女性90以上

などなど。

 

内臓脂肪には気をつけないといけません。

脂肪細胞が肥大しすぎると、

ろくなことがありません。

悪い物質を出します。

 

対して筋肉はいい物質を出します。

筋肉動かすことで脳にも働きかけます。

脳と筋肉は密接につながっています。

脂肪を溜めず、筋肉を使って増やす!

今後、筋肉の時代です。

確実に。

 

テレワークやzoom等で動かないことをすると、

自分で余計に動くしかないです。

だから筋肉の時代です。

そのことに気づけば、

生涯ハッピーなはず。

 

さあ、要るもの付けて、

「疲れた〜」って声を少しでも減らそう!

 

 

宣伝

 

9月には

減量オンラインコンサルテイング

を行います。

お楽しみに!

 

メルマガ登録を是非!

www.wakegym.jp

 

パーソナルトレーニングのお試し体験あります!!

www.wakegym.jp

 

 

短期でダイエット&ボディメイクを成功させたい!

www.wakegym.jp

 

 

WAKEってこんなところ

www.youtube.com