飲酒は筋肥大の敵?

 

Kanaです。

f:id:physicalist:20200904163039p:image

 

みなさんお酒は好きですか?ちなみに私は好きです。

好きなんですけど、学生の時みたいにザルではなくなったため最近あまり飲めなくなりました。いいのか悪いのかって感じです。

 

今日はタイトルにもあるように飲酒は筋肥大の敵?という記事です。

 

 

 

酒を飲みすぎると筋肉にとって悪影響を及ぼします。

 

どんな影響があるかというと

 

アルコールを飲みすぎるとストレスホルモンが分泌されるのですが、このホルモンは筋肉の分解を促進させてしまう作用があるのです。

それに加えて筋肉の成長に関わるホルモンの分泌を抑制するとも言われています。

 

体にとってアルコールは有害で体内に入ると肝臓がアルコールを分解するために優先的に働きます。

そしてアルコールを分解している間は肝臓でたんぱく質の代謝が活発に行われません。

 

なので、筋トレをして筋タンパク質の合成を高めたのに、飲酒をすることによりたんぱく質合成反応を低下させたり、筋トレの効果も最大限に発揮できなくなります。

 

じゃあ筋トレした日は酒は飲まない方がいいのか?と聞かれたら、絶対にダメです。とも言えません。

ただ言えることは、筋トレをしていない日の飲酒は筋トレの効果を最大限に得られないリスクを回避できるということです。

 

というわけで、毎日飲んでる人もいると思いますが、健康のためにも肝臓の負担を軽減するためにもたまには休肝日を設けるとよさそうですね。

 

 

 

 

www.wakegym.jp

 

 

 

福山市のパーソナルトレーニングジムWAKE管理栄養士のKanaでした。