WAKEフィジカルトレーニング

ミドルエイジからのワークアウト

ダイエットのメカニズム

何事にも収支バランスが大切です。

身体でいうと、収入はエネルギー摂取量で、

支出はエネルギー消費量です。

例えば摂取量が2000kcalで、消費量が2500kcalなら

500kcal分の収支がマイナスになり脂肪の貯金が減ります。

つまり収支がマイナスというのは「赤字」という意味です。

赤字なので、その分脂肪の貯蓄が減っていくことになります。

 

赤字(収支をマイナス)にするときに見るものは?

この時に気にしないといけないのは、

消費量を上げて摂取量を減らすということです。

例えば、消費量を上げれば収支がマイナスになりますので、

簡単に言うと走ればマイナスです。

ただし、食事の摂取量は同じにします。

人は1km走れば体重1kgにつき1kcal消費するので、

60kgの人が1km走れば60kcalです。

5km走ると300kcalに上がり、

食事を300kcal食べないように我慢すれば、

同じく赤字ですので体重が落ちていきます。

とてもシンプルな法則です。

戦略としては

①消費量を増やす

②摂取量を減らす

③消費量を上げて摂取量も減らす

という3パターンのみです。

もっとも実行しやすいのは③番です。

①だとかなり運動しないといけないことになり、

②だと栄養素が不足することがあります。

の最大の欠点は筋肉量が減り、

基礎代謝が落ちる可能性があります

では③を実行するときに、何を見れば良いのか?

それは「運動量」と「食事量」です。

 

f:id:physicalist:20200823203849j:plain

f:id:physicalist:20200924132615p:plain

 

 日本人の食事摂取基準は

20〜50代で平均的な身長170cm

活動レベルが低い男性の摂取カロリーの

基準値は2300kcalです。

体重を維持しようとする場合です。

この場合、平均的な男性の基礎代謝は1500kcalほどなので、

基礎代謝よりも低い摂取というのは例えば1400kcalということになります。

その収支の2300kcal-1400 kcalでマイナス分はなんと900kcalとなります。

実に1ヶ月で体重が3.8kgも落ちる計算になります。

また、糖尿病の食事療法などに使われている

「標準体重×身体活動量=摂取カロリー」があります。

活動量が低い人の場合は標準体重に25を掛けますが、

上述の170cmの男性の場合、摂取カロリーは

1600kcalほどでかなり少なくなります。

この1600kcalを維持するたけでも痩せますよ。

だって元々太っている人はもっと食べているはずですから。

そこに運動を追加すれば、さらに落ちます。

しかし、結構これを基に摂取カロリーを決めると

日々きついんですよ。

だって今の体重を考慮せず身長だけから割り出した

標準体重から摂取量を決めるわけですから。

これでもきついのに基礎代謝を下回る

摂取カロリーはちょっと考えにくいです。

そりゃあ、一時的なら頑張れますが。

あと注意なんですが、女性は違いますよ!

もっと基礎代謝が低くなります。20〜50歳で1100kcalほどになります。

 

年末に向けてダイエットに挑戦してみませんか?

www.wakegym.jp