坂本誠のフィジカルトレーニング

I am pursuing mild aerobic training and hard resistance training.

ハングスナッチ 〜太もも中間のハングポジションからキャッチまで〜

今日もバスケの選手が来てスナッチの練習をしました。だいぶ上手になってきました。今日の練習は、

ハングポジション→パワーポジション

パワーポジション→ストレートアップ

パワーポジション→ジャンプwithバー

ハングポジション→パワーポジション→ストレートアップ

ハングポジション→パワーポジション→ジャンプwithバー

太ももの中間辺り【写真1】からのハングポジション→パワーポジション→ジャンプwithバー

 

最後に

太ももの中間辺り【写真1】からのハングポジション→パワーポジション→ジャンプwithバー→ハイプル→キャッチ(一連の動き)

 

でした。難しいのはハングポジションからパワーポジションを経由してジャンプにトランジション(移行)するところです。今日はそこを徹底しました。

 

【1】

f:id:physicalist:20190126165329j:image

ハングポジションですが、太もも中間をスタートポジションとしてスナッチをやりました。正式なハングポジションは膝蓋骨(お皿)の上からです。この写真ではもう少し胸が張れて、肩甲骨を後ろに引くことが出来ていたら良かったです。この位置から【2】のパワーポジションに持っていきます。

 

【2】

f:id:physicalist:20190126170333j:image

バーは股関節のところまで持ってきます。胸を張り脊柱をアーチ状にタイトに固めます。赤ラインのところまで立てば良かったのですが、途中までとなり、バーも股関節まで来ていません。そのままトリプルエクステンションの動作に入っています。

 

【3】
f:id:physicalist:20190126165315j:image

股関節と膝関節の伸展は出来ています。肘も伸びていてトリプルエクステンションが完成するまで我慢できています。

 

【4】
f:id:physicalist:20190126165322j:image

少し身体を後ろに反らす動作が入りながらバーを上に引き上げています。

 

【5】
f:id:physicalist:20190126165318j:image

身体を反らした分バーが後方に移動しています。

 

【6】
f:id:physicalist:20190126165332j:image

最後にバーが後ろに振られていたのでバランスを崩し、一歩後ろへ下がっています。

 

何度も何度も失敗をしながら、上手に脚で地面を蹴ったエネルギーでバーが跳ね上がってくる動作の習得ができ始めました。最も重要なのはトリプルエクステンションを素早く行うことなので、その意識を持ちながら実施しています。約1時間をトレーニング兼練習をしましたが、後半は上手になってきました。時々パワーポジションの時に肘が曲がっている時がありましたが、それも練習次第です。まだまだ回数が残っているので楽しみです。30kgを上げることを目標にしています。