坂本誠のフィジカルトレーニング

筋トレとジョグのことをスポーツ科学と現場の視点から書いています

トレーニングに励む男性たち

最近お客さんを見てみると男性が多いように感じていました。我がWAKEでは現在パーソナルトレーニングに来られている人は1週間合計で29人です。29人中18人が男性で11人が女性です。男女比は62:38になります。今日は男性のダイジェストを掲載します。

 

(1)Yさんの久々のトレーニング

f:id:physicalist:20180604083351j:image

仕事が忙しく間が開いたので一度に全身のトレーニングで強度を落とし、インターバルを少しだけ長めに実施。通常は週2回来られている方で、1回は上半身、もう1回は下半身を行なっています。この日はベンチプレス、スクワット、デッドリフト、ベントローバーロウ、ラットプルダウン、クランチなどでまとめました。各種目10回×3セットで3セット目にピークになるような重量を使いました。インターバルを若干長くすることで強度を抑えました。

ベンチプレス:40kg10回(この日)

 

(2)Nさんの腕部のトレーニングも強烈に実施

f:id:physicalist:20180604083409j:image

筋量アップが目的で10回挙上前後で追い込む方法を使いました。この方の場合はほとんどの種目を10回2セットにし2セット目がピークになるようにしました。そのため重量を前回のセッションのときよりも強度を挙げ、挑んでもらいました。時間自体が長くなるため腕部のトレーニングに充てることができ、写真のようなバイセプスカールを行なっています。細身の体でしたが約5ヶ月で4kgほど体重が増えてきました。後ろ姿は背中が盛り上がり、すでに細身といった感じではなくなっています。

スクワット:50kg10回(マックス)

 

(3)Mさんは最大限の筋力向上を目指して

f:id:physicalist:20180604083420j:image

週3回トレーニング中2回はWAKEで実施。この方は筋肉の肥大を求めています。他施設で週1回、WAKEで週2回実施しています。火曜日は全身のトレーニング、金曜日は上半身、土曜日は下半身と腕を行なっています。火曜日のみ中強度で負荷を掛けています。金土は高強度です。毎回少しずつ使用重量が上がり、ベンチプレスも現在80kg台です。今まで他のジムで頭打ちが来ていましたが、打破しました。ピリオダイゼーション(期分けトレーニング法)が効いたようです。

スクワット:90kg8回(マックス)

 

 

(4)Sさんは膝を庇いながら、現在は上半身だけのトレーニングを

f:id:physicalist:20180604083430j:image

この方は膝を傷めていて、スクワットができず上半身を中心としたエクササイズを行なっています。ベンチプレスは55kg10回挙上できるまでになっています。週1回ですが、順調に筋力は維持できています。

ベンチプレス55kg10回(マックス)

 

男性は本気モードの人が増えてきました。筋力トレーニングは長期に行えば筋肉を肥大させ、骨や関節なども強くし健康維持に効果的です。WAKEでは女性にもバーベルを使ったトレーニングを実施しています。60代の女性がいますが初心者から始め、現在スクワットが30kgで挙上しています。筋肉が太くなりボディラインは明らかに変わります。女性が筋肉をつけるということはメリットばかりです。最近は運動はお肌に良いというデータも出てきています。運動により筋肉内で出てきた物質が皮膚に到達し、皮膚の代謝を促進させるそうです。私自身は細い女性は健康的と感じないし、か細さのあまり骨折しないかと心配してしまいます。あれだけテレビでもロコモ(運動器症候群)のことが取り上げあられ、問題視されてるわけですからやらない手はないです。早く筋トレして1歩も2歩も先を行く自分を手に入れて欲しいですね。

 

本気で取り組む文化をつくる!

WAKEで目覚める!