坂本誠のフィジカルトレーニング

最高のトレーニング環境、プログラム、指導、情報を提供できるよう日々前進しています

減量する時に絶対に言ってはいけない言葉は何でしょうか?

f:id:physicalist:20160823201342j:image

「時間が」「家族が」「友達が」

これらの言葉は絶対に言ってはダメです。これらの言葉を発すると減量は成功しません。時間がないという人は身体を動かすための時間を捻出しようとする努力が見られません。時間はあるかないかではないではなく、自ら作るものです。時間ないと身体を動かすことができるはずがありません。隙間時間は必ず作れるはずです。

例えば、スーパーに行った時に駐車場を少し遠くにして歩いていく、もしくは走っていくのも良いでしょう。通勤をある程度近いのなら自転車にするとか。一日中詰まっているように見えて無駄は必ずあるはずです。願いだけあっても時間の捻出能力がなければ絶対に減量はできません。

「家族が」という例は、妻がすぐに外食に行こうとか、脂っこいものを料理するといったことがあります。これも何とかなります。例えば自分はカロリーの低いものを選べば良いだけの話です。天ぷら、唐揚げ、トンカツなどの料理が出ても少な目にしておいてと一言言えば済むはずです。私はそうしてます。

友達とお食事会があると言っても、自分のメニューだけカロリーの低いものを選べば解決できます。「コースメニューなので」という人がいます。確かにコースだと1500kcalを超える場合がありますよね。それなら、昼食か朝食を無しにして帳尻を合わせることも可能です。同時に前もって運動量を増やしておくことだってできるはずです。そうすれば減ることはなくても増えることは防止できます。

「そんなことできないですよ〜!」と言われることがよくありますが、現に実行して減量している人も多数います。言いにくいのですが、そう言う今までの行動特性が自分を成功を遠のけたのではないでしょうか?打破しないといけないはずなのに甘んじてしまう。勿体無いです。

今やっておけば、今痩せておけば後が楽なのに!痩せた(適正体重になった)後には前と同じく食事を食べて、運動はそのまま維持すれば楽しく食べれてハッピー健康生活が送れるのに。もし減量に本当に成功させたいのならば、この3つの言葉言わないことです!