坂本誠のフィジカルトレーニング

最高のトレーニング環境、プログラム、指導、情報を提供できるよう日々前進しています

減量中は食事を我慢するのではなく正しく選ぶ

f:id:physicalist:20160831010412j:image

減量中に「食べていけない」と思い込んでないでしょうか?

減量している人はよく、「食べてはいけない」と思い込んでいるようです。無理もありません。動かないことを当然として、減量しようとすれば「食事を引き算」するしかありません。では真剣に食を考えてみましょう。ご自分の食事は脂身の多い肉、さらに野菜が不足してないですか?

こんな例がよくあります

朝食のパンにはマーガリンとジャムを塗り、コーヒーには砂糖をたっぷり。肉もベーコンやウィンナー。昼食もハンバーガーショップでフライドポテトとコカコーラ付き。夕食は霜降り肉やフライ系のメニューなど。食材がそもそも高カロリーで、たとえカロリーの低い食材を使ったとしても調理に油を使い、さらに調味料でカロリーアップ。これに間食のお菓子がつく場合があります。

食べないではなく、正しく選んで低カロリー

減量できないから極端に減らして「食べない」ではなく、正しく選べば低カロリーになります。朝食ですが、パンはそもそもカロリーが高いので、ご飯にし肉はササミや胸肉を選びます。コーヒー飲むならブラックが良いですね。お昼は外食ならマグロの鉄火丼や和風の定食がベター。夕食は魚や煮込み系の野菜など。フライや唐揚げは作らないようにします。
 
食事は選び方で低カロリーに変わります。減量は特別な方法ではなく、食材を正しく選ぶだけで体重は変わります。

選び方の大前提

  1. カロリーを見る。
  2. 脂の乗ったものはできる限り取らない。
  3. 天ぷらや唐揚げは摂らない。
  4. 野菜をたくさん食べる(冬は鍋が良い。野菜たっぷりでビタミンリッチです)