坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

スロージョギングは歩くスピードで走るだけ! 広島県府中市で教室しました

f:id:physicalist:20161122232110j:image

11月20日(日)は広島県府中市教育委員会 教育部 生涯学習課様からのご依頼でスロージョギング教室を仰せつかりました。45名の方にご参加いただきました!

 

f:id:physicalist:20161122232156j:image

【自然に走るスピードを確認しました】

まずは自然に走ろうとするスピードがどのくらいかを体験しました。みなさんは自然に走る速度がどのくらいだと思いますか?私が「さあ、走ってみましょう!」というというとどのくらいで走りますか?答えを言うと大体皆さん時速6㎞台です。このスピードは歩くには速いし、走るには遅い。そんなスピードです。ではこのスピードでずっと走っていられるかっていうと、運動不足の人にはちょっときついスピードなんですね。

 

f:id:physicalist:20161122232038j:image

 【走る消費量と歩く消費量をそろえた場合はそれぞれどのくらいのスピードか?】

実技でも詳しく!

普段の歩くスピードはきっと皆さんは時速5㎞程です。これに相当するジョギングスピードは時速3㎞です。歩幅にすると28cmですね。消費量的には同じなのできつくないはずですが、なぜかきつく感じてしまう。それは自然とスピードがアップするからなんでしょうね。ジョギングって本当に不思議だ。高速移動の仕様なのでスピードがアップしてしまいます。

 

f:id:physicalist:20161122212216j:image

 【時速3㎞と時速4㎞を体感しました】

最後は皆さんで時速3㎞と時速4㎞を体験しました。「笑顔が保てますか?」「会話ができますか?」って問いかけながら。スロージョギングはニコニコペース、おしゃべりペースが基本です。もちろんスピードを出したいのなら出しても構いません。ただきつく感じてしまうのではそれはスロージョギングではありません。あくまでもニコニコ笑顔です。

最後はみなさんで今話題のスロージョギングターンを行って終わりました。

 

今日も楽しくみなさんで走ることが出来ました。今日の教室でもお伝えしましたが、このことは是非知ってほしいです。体力の低い方や運動不足の方は歩くスピードかそれ以下で走ってください。時速5㎞は普段の歩く速さですが、このスピードでジョギングは多分きついと思います。乳酸がたまってくるスピードが時速5㎞以下になっていることが予想されるからです。そうなると歩くスピードよりも遅いスピードが最適ということになります。時速4㎞、時速3㎞、あるいは時速2㎞だってあり得ます。みなさんのニコニコペースを見つけて楽しく走ってほしいと今日も思いました。