似ているようで違う「我慢」と「辛抱」

パーソナルトレーニングジムWAKE管理栄養士の久保田です。

 

 広島に休業要請が出されて早数日が経ちました。

先日休みの日にふとSNSを見ていると、磯野貴理子さんが「忘れられない言葉」について話していました。コロナウイルスで暮らしに様々な不便が出てきていることが話題になっている時の回のようです。

 

“私、コロナこういうふうになってきてからずっと忘れられないのがあって。言葉がね。

石倉三郎さんの本読んでてずっと忘れないのが「辛抱と我慢は違うんだ。」って。

辛抱なんだよ今。辛抱の時なのよ。

我慢って、人間って我が強いから我慢ってすごいしにくい。我慢しろっていわれると、ちょっと我が出ちゃうからすごく辛い。

でも、辛抱はねできるんだって、人って。

辛抱って漢字で書くと辛さを抱くって書くの。

だから辛抱しろっていうのは辛さを抱き締めればいいのよ。ぎゅって。何かできる感じがしない?辛抱って。

私それ読んだ時に、なるほど!と思った。”

 

これを聞いた時私もなるほどと思ったと同時に打たれました。

 

 

我慢と聞くと自分が納得していない事に対して、不満を持ったまま気持ちを抑えるという感じでしょうか?

辛抱も耐えしのぐというように我慢とほぼ同じ意味のようですが、受け入れるという感じに近いのかなと思います。

 

私は我慢はネガティブな考え方で、辛抱はポジティブな考え方という風に捉えました。

考え方はそれぞれですけどね。

f:id:physicalist:20200427102050j:image

コロナで制限される事も増えている中でストレスも溜まってきていると思います。それとどう向き合っていくかが大事ですね。

今は、1人1人が我慢よりも辛抱できる人になりましょう。