坂本誠のフィジカルトレーニング

パーソナルトレーナーの目線から、減量やトレーニングについて書いています

継続力は大事だけど、一日二日途切れても糸が切れない継続力が必要ですよね!

去年の2月からトレーニングを始め、6ヶ月で6kgを落とした福岡さんです。彼女のコメントはこれからトレーニングを始める人に勇気を与えてくれます。

f:id:physicalist:20161117101343j:image

6ヶ月で6kgの減量に成功

きっかけは「とにかく痩せたい」と思っていました。自分ではなかなか食事制限ができない。だけど坂本さんに食事を写メってメールしましたよね。これしていると結構食べたっていうのが分かるし、見守られている感がありました。でも特に厳しいとは思いませんでした。

個人個人に適切な対応をするのがパーソナルトレーニング

最初から節制しようと思ったので半年は頑張れました。でも食べてましたけどね(笑)結果6ヶ月で6kg体重が落ちました。やっぱりパーソナルトレーニングって個人個人なので成果が出やすいです。本当に良かったのはスロージョギングが日常化したことです。食事の時間帯を気にしだしたし、食事と運動のバランスが取れ始めた。運動と食事管理が日常になってきたんですよ。

これもスロージョギングがあったから、自分が決めたことが実行できるようになったと思う。小さい成功を繰り返した結果ですね。最初は部屋の中でジョギングをしていたけど、外で走れるようになるまで自信がつきました。自分が開花している感じです。

 

大事なのは途中で途切れても切れない継続力

これから運動を始める人に知ってほしいことがあります。それは「日々の積み重ね」です。ただ毎日しないといけないと思っているかもしれないけど、そうではなくて「1日2日途切れても糸が切れない継続力が大事」ですね。完璧でなくて良いので、続けることですね。周りからは私はストイックに見えるらしいけど、そこまで自分はストイックではないですよ〜。マイペースですから。太る人は太る生活をしているというのがよく分かります。食べてるし、動いてないし。それを肝に命じてこれからも太らない人の生活にします!

そう言っていつもユーモアを飛ばす福岡さんです。体重マックスの時からだと今10kg減です。去年の8月からマイペースで2kg減されたそうです。自分で体重のコントロール出来るようになったのもパーソナルトレーニングの賜物だと言われてます。今度は走るための体づくりのために来られました。これからもワイワイ言いながらトレーニングできるのが楽しみですね(^^)