マンダラート(一流選手は考え方も一流でした!)

唐突ですが、マンダラートをみなさんご存知でしょうか?

仏教の曼荼羅(マンダラ)の世界観を描いた絵画を基に

中央から放射状に広がるマスを用いた発想法がマンダラートです。

 

 

 現在メジャーリーグで活躍している、大谷翔平選手が花巻東高校1年時に

立てた目標達成表として、ご存知の方も多いかと思います。

 

 

大谷選手はドラフト1位8球団を目標にして、その目標達成のために必要な行動を細分化して、更に細分化して具体的な行動を実行したらしいです。

 例えば、

ドラフト1位8球団→(その為に)コントロール→(その為に)体幹強化

ドラフト1位8球団→(その為に)運→(その為に)ゴミ拾い

 

といった感じです。

正直自分が高校生の時にここまで具体的に書けるか?と言われると

自信もって「書けない」と言えます。

やはり一流のアスリートは考え方も一流なんですね!

 

さて、このマンダラートは、自分は半年前まで恥ずかしながら知りませんでした。

サッカーの指導者講習会に参加した際、講習会の最後に講師の方が、

この白紙のマンダラートの紙を配って、これから10分間で書いてください。

と指示されて、自分も考えて書きました。

ただ情けない事に、10分で書けたのは中央のひとつと、周りの6個ぐらいでした。

それ位、目標もなくボーと生きていたという事ですね…

しかし、これは早くかけるから良いわけではなく、じっくり考えて全てを埋めればいいと言われて、2020年の年始にマンダラート72マスを埋めてみました。

正直1時間30分程時間を要しました。

でも書いたら、頭も整理出来てすっきりした記憶があります。

 

そして書くだけではダメだと思い、今でも冷蔵庫に磁石で張り付けています。

そうすると嫌でも毎日みます。

出来ているか再確認できるんですよね。(出来てない所も多々あります…日々反省)

 

これは、スポーツの目標達成シートだけでなく、ビジネスにおいても、活用している企業は多くあると聞きます。

確かに、頭も整理できますし、具体的な行動が細分化・明文化されいいかと思います。

そろそろ新年度のスタートですので、また違った目標に向けて、

マンダラートを作成しようと思います!

皆さんもいかがでしょうか?お勧めです!!

[テンプレート無料ダウンロード]マンダラチャートで目標達成までのプロセスを明確にする方法 | conote