あせらず、あわてず、あきらめず

「あせらない、あわてない、あきらめない」

は減量のための3Aです。

「あせらない、あわてない」

は例え結果が出ていなくても、

「今」は結果が出ていないだけです。

種を蒔いても、すぐに花は咲かないのと同じで、

減量始めたからすぐ痩せない場合もあります。

 

結果が出るスピードは、人それぞれで、

種を蒔いていれば芽が出て花が咲くように、

トレーニングを続けていれば結果は「いつか」でます。

 

そして

「あきらめない」は成功に導く最大のキーワードです。

成功者はあきらめません

 

そろそろクリスマスの時期になりますが、

 「ケンタッキー・フライド・チキン」

の創業者であるカーネル・サンダースは、

成功していたレストランが、65歳で火災に遭い倒産してしまいます。

でもそのレストランで好評だった、フライドチキンのレシピの販売を考え、

売り込みましたが、レシピの販売やフランチャイズという

当時としては斬新な発想に、見向きもされず

なんと、1009回断られたそうです。

それでも諦めず、1010回目で認められ

今のケンタッキーがあります。

65歳で、その状況でもあきらめないメンタルがすごいと思います。

「失敗は新しい事を始める為のチャンス」

という名言を残しています。

 

もしカーネル・サンダースが諦めていたら

私たちはケンタッキーのフライドチキンを食べられなかった

かも知れないと考えると、

諦めない勇気は「人」を幸せにもするのかも知れませんね。

 

心理学的にも、「自分」の為にやる努力は、

「究極」になると力の発揮が低いらしいです。

「究極」は自分以外の「誰か」の為です。

 

 

「奥さんの為に」と減量して成功したお客様も以前

いましたね。

f:id:physicalist:20200806191020p:plain

あせらずあわてず、誰かの為にあきらめず

肉体づくりや減量にチャレンジしてみませんか?

 

お試し体験(A室) 〜初心者の方向け〜 - 福山市のパーソナルトレーニングジムWAKE