減量中(ダイエット)におすすめの野菜

福山市のパーソナルトレーニングジム管理栄養士の久保田です。

 

5月とは思えない気温が続き夏のようです。これから夏に向けてダイエットするという方もいるのではないでしょうか?

 

さて、今日はそんな減量中(ダイエット)におすすめの野菜についてです。

f:id:physicalist:20200508161510p:image

 

まず、減量中に野菜を食べる事でカロリーを抑えることにもなりますし、同時に満腹感を得る事も出来ます。野菜が減量中にいいと言われている理由はコレです。あとはダイエットをしていると便秘になりやすくなるのですが、その便秘は野菜の食物繊維が解消してくれます。

 

野菜といえば食物繊維の他にビタミンやミネラルも豊富です。このビタミンやミネラルも重要な役割をしていて代謝作用にかかわってくるものなので、不足してしまうと痩せにくくなってしまうのです。

 

炭水化物やタンパク質、脂質は身体の中で吸収されますが、これが使われずに余分になった物が脂肪として蓄えられるので、いかにこれらの代謝を効率よく上げるかがカギとなってきます。そこで大事なのがビタミンとミネラル!代謝をサポートしてくれる大事な栄養素。

 

というわけでここまでは野菜の栄養素や何故減量中に野菜がいいのかを少し話してきました。

今回はその野菜の中でも痩せやすい野菜を紹介します。

 

 

トマト

脂質の代謝を高めるビタミンB6がダイエットに役立つ。リコピンは美肌効果も期待出来るので美容のためにも摂取したいですね。

 

きゅうり

利尿作用が高いため、むくみの解消にもおすすめです。

 

大根

大根はビタミンCが豊富。皮付近に多く含まれている。大根の辛味成分のイソチオシアネートが代謝効果にも期待できます。生で食べるとより効果的。

 

牛蒡

ごぼうはやや炭水化物が気になりますが、他の野菜よりも食物繊維が圧倒的に多いので減量中の便秘解消にも繋がります。

 

ブロッコリー

実はレモンよりもビタミンCが多く含まれています。タンパク質の代謝を促すビタミンB群も豊富です。

 

セロリー

カリウムを多く含み、血流をスムーズにしてくれたり、塩分の排出も促進してくれます。

 

葉菜類

ほうれん草、小松菜など葉っぱを主に食べる葉菜類はβカロテン、ビタミンC、鉄が豊富です。カロリーが低く栄養価が高い緑黄色野菜なのでおすすめです。

 

枝豆

脂肪の吸収を抑えてくれます。食物繊維も豊富で、イソフラボンや脂肪の吸収を抑制してくれるサポニンも含まれています。

 

 

 

まとめて野菜といえどもそれぞれ秀でた栄養素があるので、野菜をなめたらダメですね。

 

今日は減量中におすすめの野菜についてでしたが、次回は減量中におすすめな他の食材についても記事にしていくので、チェックしてみてください!